熱に強い野菜・弱い野菜|野菜

野菜には、加熱に適した野菜と、加熱に弱いため生食に適した野菜があります。
野菜を加熱すると、ビタミンB1やパントテン酸、ビタミンC酵素などの栄養素の何割かは損失しますが、その他のビタミンやミネラル、食物繊維は比較的熱に強く、すべての栄養が無くなってしまうことはありません。また、カサが減って量を食べることができ、消化もされやすく、食べやすくなるというメリットも。

生野菜と加熱した野菜はどちらもカラダにとって不可欠です。特徴を知り、バランスよく野菜をいただきましょう。

pixta_10134130_S

熱に強い野菜

緑黄色野菜:にんじん・ピーマン・ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・かぼちゃなど

体内でビタミンAに変わるβカロテンや、ビタミンEなどを多く含みます。これらは、油と一緒に料理すると吸収率がアップするので加熱向き。炒め物や揚げ物、ゴマやくるみを使った和え物などがおすすめです。

さつまいも・じゃがいも・カリフラワー

イモ類やカリフラワーに含まれるビタミンCは熱に強く、加熱による損失が少ないのが特徴。煮物や蒸し料理にピッタリです

玉ねぎ・ネギ・ニンニク・ニラ・生姜

これらの野菜は血行を良くし、冷え予防・殺菌効果・代謝促進・疲労回復などに効果大。生のほうが薬効はありますが、刺激が強く胃腸に負担をかけてしまうので、加熱したほうが安心です。

 

熱に弱い野菜

大根・かぶ

ビタミンCや消化酵素であるジアスターゼを多く含みます。これらは熱に弱い成分なので、効率的にとるなら、サラダや漬物などの生食がおすすめです

レタス・キュウリ・ナス

夏野菜にはカリウムが豊富。カリウムは、カラダのほてりをとる、利尿効果によってむくみを解消するなどの効果がありますが、加熱すると効果が薄れます。

やまいも

消化酵素が多く、食品の消化を助けます。40℃以上だと酵素が消滅してしまうので、生のまますり下ろしていただきましょう。

 

生野菜と加熱野菜の両方を上手にとり入れると、万遍なく栄養素を摂れるようになります。季節や献立内容にあわせて、おいしく野菜を食べていきたいですね。
⇒どう違う?カット野菜と生野菜の栄養価の違い

ページトップ