酢|調味料・その他

酸味のある酢は、疲労回復や食欲増進などのさまざまな健康効果があることがわかっており、昔から料理にとり入れられています。酢には、穀物(お米・麦)や果実に酢酸菌を加えて発酵させた「醸造酢」と、薄めた酢酸とアミノ酸を加えた「合成酢」があり、発酵工程を経ている醸造酢は「発酵食品」になります。

原料や製造方法によってさまざまな種類があり、穀物酢・米酢・黒酢・りんご酢・バルサミコ酢・ワインビネガーなどそれぞれ味わいが異なっています。そんな酢が持つ健康パワーを知っておきましょう。

Fresh healthy salad and condiments over white wooden table

酢の栄養成分と効果

酢の酸味は、酢酸・クエン酸などの有機酸によるものです。酢酸は体内に入ると、クエン酸へと変化します。

酢酸

酢酸には防腐・殺菌作用があります。料理にお酢を利用することで、腐りにくくなります。

クエン酸

クエン酸は、エネルギー産生を効率的にすることで、疲労回復スタミナアップ効果が期待できます。また、水に溶けにくいカルシウムをコーティングしてカラダに吸収しやすくし、カルシウム吸収率をアップします。

骨付き肉や魚を酢と一緒に調理すると、骨に含まれているカルシウムが溶けだし、効率的にとり入れることができます。

 

酢に期待できる健康効果

食欲増進

酸味により唾液の分泌が促され、食欲が増進します。さらに消化器官が刺激されることで、消化吸収を助けます。

脂肪燃焼効果

お酢は脂肪の吸収を抑えるだけでなく、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させることで、脂肪燃焼を効率的に行います。

高血圧・糖尿病の予防

酢に含まれるアミノ酸アルギニンは、血管を拡張させることで血行を良くし、血液循環を整える働きがあります。さらに、アルギニンはインスリンの分泌を促すこともわかっているため、インスリン感受性の低い糖尿病や糖尿病予備軍の方にもおすすめです。

便秘予防

酢により胃酸の分泌が促されるため、腸のぜん動運動が活発となります。

二日酔いの防止

酢酸は肝機能の働きを高める効果があります。アルコール分解を速めるため、二日酔いや悪酔いの防止に繋がります。

減塩効果

酢独特の酸味を用いることで、他の調味料を減らし減塩に繋がります。

さらに、ストレス解消や美容効果・ダイエット効果・殺菌効果なども期待できます。

 

酢のおいしい食べ方

お酢は食物繊維カルシウムとの相性が良いので、野菜や乳製品などと相性抜群。1日の目安量としては大さじ1杯を目標に。ただし、そのまま飲むのは酸味が強すぎるため、水や炭酸水で希釈して飲むようにしましょう。食事から摂りにくい場合には、飲むお酢なども利用してみると良いでしょう。

熟した梅を使った梅酢ジュースの作り方

■材料

・酢…150cc
・熟した梅…20g
・氷砂糖…20g
・ガラス瓶(小)…1個

きれいに洗った梅に楊枝で穴をあけ、ガラス瓶に梅・酢・氷砂糖を加えます。そのまま2週間くらい冷暗所に保管すれば出来上がりです。氷水や炭酸・牛乳等で割って飲んでみてくださいね。

 

最近のお酢ブームにより、お酢は調味料だけでなく「飲むお酢」としても注目されています。夏バテや疲労回復効果など、カラダがちょっと疲れたときに効果的な酢を上手に活用していきましょう。

ページトップ