いま人気の「冬鍋」はコレ!あすけん食事ランキング 2020年11月号

あすけんでは、前月の食事記録データを集計し、最新の食事の傾向や人気の食品などについて取りまとめた「マンスリーレポート あすけん食事ランキング」を毎月発表しています。2020年11月分を集計した食事ランキングで、注目したのは「冬鍋」!どんな鍋があすけんユーザーに人気だったのでしょうか。また前月と比べて急上昇した食品に「きくいも」がランクイン!見かけるけれど、食べたことがない、と言う方も多いのでは?あすけん栄養士が解説します。

pixta_70263228_Sきのこ鍋

2020年のキテルネ!いま人気が高まっている鍋は?

「あすけん」冬鍋トレンドは低カロリー&栄養バランスばっちりの「ダイエット優等生鍋」!

1位…きのこ鍋 (キー栄養素:ビタミンD )
秋冬の味覚の代表格でもあるきのこは低カロリーで食物繊維が豊富、鍋の具材の定番です。きのこの栄養素で注目したいのは【ビタミンD】で、カルシウムリンの吸収を促進するなど、骨の健康維持のためには欠かせない栄養素です。新型コロナウイルス感染症の流行によって、ビタミンDのウイルスに対する防御機能が期待され、様々な研究が進んでいます。きのこは食物繊維が豊富で腸内環境を整えることにも役立つので、お鍋でたっぷりいただきたいですね。
⇒美容にもダイエットにも◎!きのこのうれしい効果とは?

2位…鶏野菜味噌鍋  (キー栄養素:タンパク質・ビタミンB群)
鶏肉と野菜をみそ味のだしで煮込んだお鍋です。鶏肉は脂質が少なめ、必須アミノ酸のバランスが良い良質タンパク質で、その他にもビタミンB1ビタミンB2ビタミンAなどを含みます。味噌味の汁ごといただけるので体も温まりますね。

3位…常夜鍋  (キー栄養素:β-カロテン)
冬が旬のほうれん草をたっぷり使ったシンプルな味付けの鍋。ほうれん草には身体の中でビタミンAに変わる【β-カロチン】が豊富に含まれています。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を維持したり、目の機能を正常に保つ働きがあります。お肉は豚肉が定番のようですが「毎日食べても飽きない」ほど美味しいということから、この名前が付いたと言われているようです。

4位…豆乳鍋  (キー栄養素:大豆タンパク・オリゴ糖)
豆乳大豆から作られるため、大豆の植物性タンパク質を摂ることができます。また大豆由来のオリゴ糖が腸内細菌のエサになり、腸内に善玉菌を増やすことにもつながります。他にもレシチンサポニンなど、様々な健康効果が期待される成分も含まれています。具材はお好みの野菜と、豚肉や豆腐を入れて。ごまだれを加えたものも食べ方のアレンジとしておすすめです。

5位…火鍋  (キー栄養素:L-カルニチン)
火鍋は、中国由来の鍋で、「麻辣」という唐辛子や山椒などスパイスを使っただしで具材を煮て食べる鍋です。爽やかな辛味がやみつきになる鍋で、羊肉や野菜をさっと煮て、好みのつけだれでいただきます。羊肉はL-カルニチンという脂質代謝に関わるアミノ酸が他の肉類よりも多く含まれていることから、ダイエットをする方も注目されています。

ブーム到来!?急上昇食品はこれだ!

芋だけど低糖質!話題のスーパーフード【きくいも】

きくいもは、芋類に含まれる「でんぷん」が少なく、カロリーもさつまいもの約半分程度と低カロリー。(※100gあたりで比較) イヌリンという食物繊維が血糖値の急上昇を抑えると言われ、注目されています。食べ方は、生のままでサラダや、薄くスライスしたものを揚げてチップスにしたり、煮物、きんぴらなど。しかし、イヌリンは熱に弱く水溶性なので、生のまま食べたり、汁ごと食べるスープや味噌汁などに入れるのがおすすめです。
塩分摂り過ぎが心配な方へ!カリウムを効率よくとる方法

Whole ans sliced Jerusalem artichokes on a cutting board

ミネラルが摂れる!【合鴨のパストラミ】をサラダにONで豪華に!

あすけんでも人気の高い鶏むね肉と比べ、合鴨肉には亜鉛2倍~8倍も多く含まれている他、ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12といったビタミンB群も多く含まれています。パストラミとは、黒コショウやハーブなどで味付けして燻製した保存食のこと。薄くスライスしてサラダやサンドイッチにすれば、見栄えも豪華に、栄養価もアップします。

pixta_67102488_S合鴨のパストラミ

今年は野菜がお手頃!その中でもビタミン豊富な『和製ハーブ』の【春菊】が人気に

β-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜である春菊が急上昇。野菜がお手頃な中でも、独特な爽やかな香りとほろ苦さが美味しい春菊は、冬の季節にはすき焼きや鍋、お浸し・サラダ・天ぷらに、と食卓で大活躍。栄養素はβ-カロテン、ビタミンCカリウムなどが含まれており、今の時期、毎日食べたい葉野菜です。
あすけんおすすめレシピ「春菊とくるみのサラダ」

pixta_14558228_S春菊

キテルネ!鍋ランキング(前年同月比)

食品名 伸び率 登録数

1

きのこ鍋 266% 6834

2

鶏野菜味噌鍋 216% 8105

3

常夜鍋 185% 1912

4

豆乳鍋 180% 16380
5 火鍋 178%

2514

6 野菜豆乳鍋 175%

2778

7 スンドゥブチゲ(純豆腐鍋) 175%

18775

8 鴨鍋 174%

2285

9 きりたんぽ鍋 174%

3965

10 カレー鍋 174%

2855

 

急上昇ランキング(前月比)

食品名

伸び率

登録数

1

りんご(半分) 1673% 28655

2

干し柿

480%

13576

3

かぶの酢の物 401%

4898

4

合鴨のパストラミ 396%

4762

5

洋ナシ(1個) 381%

49336

6

春菊(1本) 378% 3862

7

千枚漬け

313%

3737

8

菊芋 290%

3825

9

春菊(1束) 286%

16396

10

春菊の胡麻和え 270%

7545

 

※レポート内容を利用いただく際は、「マンスリーレポート あすけん食事ランキング」とクレジットの記載をお願いいたします。

みなさんが好きな鍋はランクインしていましたか?これからも「あすけん食事ランキング」を楽しみにしていてくださいね。

 

<参考・参照>

・文部科学省 七訂日本食品成分表2017

【執筆者】化粧品ブランドに14年間勤務後、からだの内側からも美容や健康をサポートしたいという思いから栄養士の資格を取得。現在はあすけん栄養士としてコラム執筆やセミナー講師、オンライン栄養カウンセリングを担当。

多田 綾子

栄養士
多田 綾子

ページトップ