豆乳|豆

豆乳は大豆由来の飲み物で、低カロリーであり栄養価が高いことから多くの人に愛飲されています。豆乳に含まれる大豆タンパクは体内での消化・吸収に時間がかかるため、満腹感を得やすいことからダイエット中の間食としても最適です。健康によい食品であるというイメージが強い豆乳ですが、実際にはどのような栄養素が含まれているのか見ていきましょう。

pixta_6791213_S

豆乳の栄養成分と効果

タンパク質

タンパク質は筋肉や血液を作るための主要な栄養素。とくに大豆タンパク質は代謝を活発にするリジンやアルギニンが豊富なので、ダイエットにも効果的。アミノ酸スコアも高く、良質のタンパク質といえます。
良質なタンパク質が豊富!大豆の栄養成分とその効果

脂質

脂質はカラダの細胞膜の成分やホルモンの材料となっています。豆乳に含まれている脂質はコレステロールを含まず、悪玉コレステロール(LDL)を減らすオレイン酸も豊富に含んでいます。

大豆イソフラボン

ポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしています。乳がんや骨粗鬆症予防に効果があることがわかっています。
摂り過ぎもNG!大豆製品の一日の目安量

サポニン

植物の根や茎・葉などに含まれる配糖体のひとつ。悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪を除去したり、便通を良くしたりする効果があり、肥満や病気予防に役立つ栄養素です。また、抗酸化作用もあるため、カラダの老化防止にも働きます。

レシチン

レシチンは脂質の仲間のリン脂質に分類される細胞膜の主要な構成成分です。悪玉コレステロール(LDL)を減少させる、血行をよくするなど生活習慣病の予防に効果的です。神経伝達物質を生成することにより、認知症の予防にも効果が期待されています。

ビタミン類

イライラ予防や脳の機能維持の働きがあるビタミンB群、血行促進や抗酸化作用のあるビタミンEも豊富に含んでいます。

ミネラル類

高血圧の予防に効果的なカリウム、神経やホルモンの分泌に関わるマグネシウムが豊富です。

 

豆乳のおいしい飲みかた

豆乳は、美肌効果・便秘解消・更年期の症状の緩和など、女性にとってうれしい効果がたくさんあります。ただ飲むだけではもったいない!お料理にもどんどん使ってみましょう。

おすすめレシピ

野菜豆乳鍋
色鮮やかな食材を揃えると、自然に栄養バランスのよい料理が完成します。食物繊維をたっぷり摂れ、豆乳でヘルシーに仕上げた鍋料理です。

春野菜の豆乳スープ
普通の野菜スープでも豆乳を使えば、タンパク質の量を増やすことができます。旬の食材はカラダがよろこぶ栄養素もたっぷり。

 

栄養価の高い豆乳は、生活習慣病の予防やダイエットにも効果的。そのまま飲むだけでも、牛乳の代わりにお料理に加えるのもOK。健康作りのサポート食品として、とり入れてみてはいかがでしょうか。

ページトップ