ダイエット中に選ぶべき恵方巻きの具材5つ

節分に食べると縁起が良い「恵方巻き」。スーパーやコンビニで、彩鮮やかな恵方巻きが並びますが、今年はお好みの具材を選んで「マイ恵方巻き」を作ってみませんか?具材によっては高カロリーになることもあるので、ダイエット中は具材の選び方がとても大切です。そこで美と健康に役立つ5つの具材をご紹介します。

pixta_2110190_S

マイ恵方巻き おすすめの具材5つ

1.マグロ

マグロに豊富なEPADHAは、脂肪燃焼効果や血流を良くして代謝を高める効果があります。また、アンチエイジングに欠かせない成分であるセレンビタミンEが多いのでとくに女性におすすめ。同じマグロでも、ねぎとろに使われるタタキには、豚の脂肪が混ざっていることがあるので避けたほうが無難です。

2.エビ

エビは高タンパクで低脂肪・糖質ゼロなのでダイエットの強い味方。抗酸化作用のある「アスタキサンチン」も豊富で、美容面でも効果が期待できます。 ホルモンバランスも整えてくれるので女性特有のイライラ・のぼせなどの不快感も軽減してくれます。

3.干し椎茸

椎茸は、カロリーがほとんどなく、糖質や脂質の代謝に欠かせないビタミンB群や、脂肪の吸収を抑える食物繊維が豊富に含まれています。とくに干し椎茸は、水分が抜けている分、旨みと栄養素が凝縮されているので、戻し汁を煮汁として使うと、無駄なく栄養素を摂れます。

4.きゅうり

独特の歯ごたえで、食べた時の満足感を高めてくれます。カリウムが多く含まれており、塩の成分であるナトリウムを体外に排出し、むくみを予防する効果があります。
酢飯は意外と塩分が高く、太巻き一本(0.5合分)で2g程度の塩を使います。ほうれん草・にんじんなど、他の野菜も具材にとり入れ、カリウムを補給できると良いですね。

5.大葉

薬味やつまとして利用される大葉ですが、美と健康への貢献度は野菜のなかでもトップクラス!β−カロテンが多く、美肌効果や活性酸素を抑えるはたらきがあり、ビタミンCも豊富なので、風邪への抵抗力をつけてくれます。葉特有の香りの成分には、リラッス効果や、疲れた胃をケアする効果もありますよ。

 

ダイエット中に気をつけたい工夫ポイント

恵方巻きは酢の酸味がさわやかで、いくらでも食べられそうですが、よく味わってみると、全体的に甘い味付けであることがわかります。自分で恵方巻きを作るときには、酢飯や、味付けした具材には、ダイエット中には気を付けたい砂糖が多く使われているので、料理法や選び方には注意が必要です。

 

甘い具材は1種類に

太巻きの具材は、かんぴょう・桜でんぷ・干し椎茸・高野豆腐などがありますが、どれも甘味が強く、砂糖を多く使っています。甘い具材は1番好きなもの1つに絞りましょう。

卵焼きは薄味に

巻物には卵焼きが必ず入っています。彩りの面でも外せない具材ですが、自分で作る場合は、だしと薄口醤油で出し巻き卵にするか、自然の甘味であるハチミツを少量使いましょう。

酢飯は砂糖を控えめに

寿司酢は、米3合(太巻き6本分程度)に対し、酢大さじ4・砂糖大さじ4〜5・塩小さじ2程度の割合が一般的で、太巻き一本当り、10g程度の砂糖が使われています。手作りなら、砂糖は控えめにして、酢の酸味を活かし、さっぱりとした味わいを楽しみましょう。
⇒ダイエット中でも安心!お寿司をヘルシーに選ぶコツはこちら

 

ヘルシーな「マイ恵方巻き」を食べて、その年の幸運と願いを叶えたいものですね。

ページトップ