はちみつ|調味料・その他

はちみつは採取する花の種類、産地によって異なるフレーバーが楽しめます。甘味料や調味料として楽しめて、しかも美容と健康増進に効果的。いろいろな種類の中からお好みのものを見つけて、はちみつを美活に活用してみませんか。 Natural honey in a glass jar

はちみつの栄養成分と効果

鉄分

鉄分は血液中で酸素を運ぶ「ヘモグロビン」を構成する材料になります。鉄分が不足すると、ヘモグロビンの濃度が低下し、カラダに酸素が十分に運ばれず、鉄欠乏症貧血を引き起こしてしまいますそばしなのきなどから採れる濃色のはちみつには、鉄分が5.0mg/100g 含まれ、淡色はちみつの約6倍以上も豊富です。

ビタミンB群

ビタミンB群は食事で摂り入れた糖質脂質タンパク質を効率よくエネルギーに変える代謝を助けます。ビタミンB群の一種、ナイアシンはアルコールの分解を助ける補酵素としての働きや、皮膚の健康を保つ作用があります。

糖質(単純糖)

はちみつの主成分は、果糖とブドウ糖の単糖類です。これ以上分解されない糖質のため、即エネルギーとして使われ、疲れた時や運動前後の栄養補給にぴったり。また、砂糖よりも甘味度が高く、砂糖の大さじ1杯はちみつの小さじ1杯は同じ甘さを感じることができます。
さらに、カロリーを比べてみると

  • 砂糖は384kcl/100g
  • はちみつは294kcl/100g

はちみつのほうが低いので、カロリーを控えているときのデザートや料理にフル活用してみてください。

グルコン酸

有機酸の1つ、グルコン酸はグルコースの酸化生成物です。アミノ酸の中でも唯一ビフィズス菌を増やす作用があり、腸内環境を整えて便秘改善に役立ちます。
また、抗菌作用も強く、湿度が高まってくる6月頃から夏にかけては腐敗防止に調味料として使うのもおすすめ

はちみつのおいしい食べ方

紅茶やヨーグルト、料理の甘味料として幅広く活用できます。ただし、はちみつは低温では甘みを感じやすいですが、高温では甘みを感じにくくなるため、温かい飲み物にいれる場合は量に注意をしましょう。
また、はちみつを1歳未満の赤ちゃんに与えることは控えること。はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、これにより生後2週間から6か月の赤ちゃんに多い「乳児ボツリヌス症」を発症する可能性があります。

おすすめレシピ

たっぷりフルーツヨーグルト
果物はビタミンとミネラルの宝庫。特に旬のフルーツは栄養価が優れています。ヨーグルトの乳酸菌、フルーツのビタミン・ミネラルのトリプルのパワーを利用して腸美人を目指しましょう。

かぼちゃとりんごのヨーグルトサラダ
電子レンジで簡単に作れるサラダです。かぼちゃに含まれるβ-カロテンには抗酸化作用があり、皮膚の健康を維持します。紫外線がきつくなる5月頃から夏の間には、日焼け対策としてしっかり補給しておきたい栄養素です。

はちみつはデザートや料理の甘味料に使われる他にも、殺菌作用を活かして、肌荒れや傷口の治療にも使われている多才な食材です。 それぞれの花の蜜のフレーバーを楽しんで、お気に入りのはちみつを見つけてみませんか。

▼カロリー計算▼ はちみつのカロリー・栄養素はこちら

【参考文献】
食品成分表2016 実教出版

ページトップ