エビ|魚介類

子どもから大人まで幅広い世代から親しまれているエビ。エビには甘エビ・桜エビ・ボタンエビ・伊勢エビなどさまざまな種類があります。赤い色が食卓を華やかに彩るだけではなく、ビタミンB1ナイアシンカルシウム・赤い色素成分のアスタキサンチンなどが含まれていて栄養満点の食材です。

argentine red shrimp, アカエビ

エビの栄養成分と効果

タンパク質

タンパク質は筋肉や内臓・皮膚や髪などカラダの様々な部分を構成する栄養素です。血液の成分やホルモン・免疫の抗体・遺伝子をつくる材料にもなり、生命を維持するために重要な働きをします。

ビタミンB1

ビタミンB1は質のエネルギー代謝を助ける働きや神経の機能を正常に保つ働きがあります。
疲労回復や脳の働きを活発化させる効果が期待できます。

ビタミンB12

ビタミンB12は赤いビタミンと呼ばれ、赤血球の生成を助け、貧血の予防が期待できます。また、神経系の機能の維持や生体リズムを整える働きがあります。

ナイアシン

糖質・タンパク質・脂質の代謝を助けるだけでなく、皮膚や粘膜の機能を正常に保つ働きが期待できます。また、アルコールの分解を助けるため二日酔い防止にも役立ちます。

カルシウム

カルシウムの99%が骨や歯に存在し、骨粗しょう症の予防に効果があります。残り1%は血液などに存在し、筋肉を動かしたり、神経が脳やカラダに信号を送ったりすることに関与しています。
エビの殻や尾の部分に多く含まれているため、殻ごと食べるとカルシウムを効率よくとり入れることができます。

アスタキサンチン

天然の赤い色素成分で、エビのほかに鮭やイクラなどの色素としても知られています。強力な抗酸化作用があり、美肌効果が期待できます。
また最近では、筋肉の疲労を和らげ、目のピント調節機能を改善することから、眼精疲労を解消する働きも報告されています。

 

エビのおいしい食べ方

エビをおいしく食べるには下処理が大切。
まずは、楊枝などを使うか、または背開きをして背ワタを取り除きましょう。殻付きのエビは、塩水で洗ったあと、流水で洗うと汚れが落ちやすくなります。殻をむいたものは、片栗粉をもみ込んだあと、流水で洗い流しましょう。

下茹での時は、沸騰したお湯に塩少々と料理酒を加えて茹でることでエビの臭みがとれやすくなります。エビは加熱しすぎると身が縮み、硬くなりやすいので、加熱しすぎないことがおいしく食べるポイントです。

エビを使ったおすすめレシピ

ブロッコリーとエビのミルク煮
食物繊維が6.5gも摂れます。ビタミンDが豊富なきくらげと併せることで、カルシウムの吸収率がアップします。
ブロッコリーとエビの豆板醤いため
抗酸化作用のあるブロッコリーとエビで美肌効果アップ!低カロリーでヘルシーな一品です。

 

エビは栄養効果が高いうえに、低脂肪・高タンパク質で糖質がほぼ含まれていないため、ダイエットにもおすすめの食材。いろんな料理に活用していきましょう。

ページトップ