朝にタンパク質が欠かせない理由って?忙しい朝でも食べられる方法も紹介

朝ご飯を食べている方の中には、おにぎりだけ、パンだけ…などと簡単に済ませている方も多いのではないでしょうか。

このような朝ご飯ではタンパク質が不足しがち。実は朝にタンパク質を摂るのは、ダイエットや筋肉作りに欠かせない大切な役割があります。今回は朝ご飯にタンパク質を摂りたい理由と、忙しい朝でも食べられる方法をご紹介します。

close up of male hands with food rich in protein

朝にタンパク質が欠かせない理由

朝にタンパク質を摂ることで、筋肉作りを助けてくれたり、体温を上げて代謝量を増やしてくれたりします。

筋肉を作るためには、3食均等にタンパク質を摂ることが大切です。また食事をとることで体温が上がり、代謝量が増えることを食事誘発性熱産生(DIT)といいますが、タンパク質は糖質脂質に比べ、DITを増加させてエネルギー消費を促してくれます。

筋トレをしている方や、ダイエット中の方は、朝ご飯に意識してタンパク質を摂りたいものです。

朝ご飯で摂りたいタンパク質は約20g以上!

朝ご飯のタンパク質の目安は20g以上。これは、成人が1日に必要とされるタンパク質の量が男性60~65g、女性が50gであり、これを3食で割ると約17~22gとなるためです。

体格によって必要な量に差はありますが、おおよその目安として「20g」と覚えておくといいでしょう。

タンパク質が不足している朝ご飯パターンの例

とはいっても実際、朝ご飯のタンパク質が不足しているかどうかは自分ではわかりにくいですよね。不足しやすいパターンの例を以下にあげてみますので、当てはまっていないか確認してみましょう。

<タンパク質が不足している朝ご飯パターンの例>
・納豆ご飯と野菜のみそ汁
・パンとブラックコーヒーだけ
・コンビニおにぎりだけ
・そもそも朝ご飯をとっていない

このようなパターンに当てはまる方は、タンパク質が不足してしまっています。このような方は次の「朝ご飯でタンパク質を20g摂る方法」を参考にしてみてくださいね。

忙しい朝でも手軽に!朝ご飯でタンパク質を20g摂る方法

朝ご飯で摂りたいタンパク質20gを摂るための方法について、おすすめの食材とメニューの組み合わせ方をご紹介します。

朝のタンパク質補給におすすめの食材

タンパク質はご飯や野菜にも含まれるため、タンパク質がメインの食材から摂りたい量は15g程度。このタンパク質を補うのに役立つ食材を以下の表にまとめました。

食品名 1回あたりの量 タンパク質の量
1個(60g) 6.6g
ロースハム 1枚(20g) 3.7g
シーチキン缶 2分の1缶(40g) 7.5g
納豆 1パック(45g) 7.4g
豆腐 4分の1丁(100g) 7.0g
豆乳(無調整) コップ1杯(200g) 7.2g
牛乳 コップ1杯(200g) 6.6g
ヨーグルト 1カップ(100g) 3.6g
ギリシャヨーグルト 1カップ(100g) 約10g(※製品により異なる)
プロセスチーズ 2切れ(40g) 9.1g

 

この中から2品程度組み合わせることで、タンパク質をしっかりと補えます。

忙しい朝でも手軽にタンパク質が摂れるメニュー

紹介した食材を組み合わせて、手軽に食べられる朝ご飯のメニューにはどのようなものがあるのでしょうか。ご飯派とパン派に分け、さらに自炊が中心の方と、コンビニで調達することが多い方の計4パターンをご紹介します。

パターン①:ご飯派(自炊)
ご飯+納豆目玉焼き豆腐とわかめのみそ汁=タンパク質20.4g

パターン②:ご飯派(コンビニ)
おにぎり(ツナ)+ゆで卵+野菜ジュース=タンパク質19.5g

パターン③:パン派(自炊)
ピザトースト+スープ+牛乳=タンパク質23.1g

パターン④:パン派(コンビニ)
ミックスサンドイッチ+ギリシャヨーグルト=タンパク質21.2g

タンパク質が入ったメニューを2種類以上組み合わせると、朝ご飯でタンパク質20gを達成することができますよ。

1日を元気に過ごすためにも欠かせない朝ご飯。おすすめした食材やメニューの組み合わせ方を参考に、ぜひタンパク質量を意識して取り入れてみてくださいね。

 

【参考・参照】
厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)
日本食品標準成分表2015年版(七訂)

【執筆者】
これまでに500件以上の指導経験があり、ダイエットや生活習慣病対策はもちろん、妊婦から高齢者まで幅広い指導を経験。栄養指導、レシピ制作、栄養教室や料理教室開催などのスキルと知識を生かし、あすけんではコラム執筆やオンラインカウンセリングを担当。

広田 千尋

管理栄養士
広田 千尋

ページトップ