ハスカップ|果物

女性に不足しがちな鉄分カルシウムを豊富に含むハスカップ。抗酸化力の強いアントシアニンも多く、美容と健康に大切な栄養素を含んでいます。そこで、ハスカップの栄養とその効果、おいしい食べ方についてご紹介します。
pixta_19905690_S

栄養成分と効果

全身に酸素を運ぶヘモグロビンの材料として不可欠な栄養素です。貧血を予防したり、疲労回復をサポートする働きがあります。植物性食品に含まれる非ヘム鉄は、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収が良くなります。

カルシウム

骨や歯を形成するカラダに最も多く含まれるミネラルです。骨粗鬆症対策に欠かせない栄養素として知られる他に、筋肉収縮や神経伝達・血液凝固などにも関係しています。
鉄分不足・カルシウム不足が引き起こす症状

アントシアニン

ハスカップには、ポリフェノールの一種アントシアニンが豊富に含まれています。毛細血管を強化し、血行を良くしてくれたり、疲れ目の予防と改善に効果が期待できます。
野菜の色や香りがもつ抗酸化力がすごい!ファイトケミカルのパワー

ビタミンC

コラーゲンを構成するアミノ酸の生成に欠かせない栄養素です。ビタミンEと合わせて摂ることで、悪玉コレステロール(LDL)の酸化を抑え、動脈硬化などの心臓血管系の病気を予防する働きがあります。(※)

ビタミンE

「若返りのビタミン」と呼ばれ、細胞を老化させる活性酸素を除去する働きがあります。ビタミンEは抗酸化作用が強く、ビタミンAビタミンCと合わせて摂ることで免疫力がアップします。

食物繊維

食物繊維の中でも水に溶けにくい性質の不溶性食物繊維が豊富で、腸で水分を吸収して便の量を増やし、腸の運動を活発にして便通を改善します。
下剤が効かない人は要注意!スーパー便秘を防ぐには

ハスカップのおいしい食べ方

丸みを帯びた円錐形のハスカップは、皮は薄く、口に入れるとみずみずしさと甘酸っぱさが広がります。皮にアントシアニンが多く含まれているので、そのまま食べましょう。

■ヨーグルトにプラスして
ヨーグルトに入れれば、食物繊維に加えて善玉菌である乳酸菌も一緒に摂ることができます。酸味が気になる方は、自然な甘みのはちみつを足してみましょう。はちみつにも腸内環境を整える働きがあり、便秘改善に役立ちます。低GIなので間食におすすめです。

■フレッシュチーズと一緒に
チーズには、ビタミンAが多く含まれ、ビタミンCビタミンEと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。また、ビタミンAは、肌のターンオーバーをサポートし肌荒れを防いでくれます。砂糖・油脂類の含量が少ないベーグルに挟めば、腹持ちが良くヘルシーな朝食になります。

 

6月下旬から8月中旬が旬のハスカップ。最近は、加工品としてジャムやお菓子としても楽しむことができます。美容と健康にうれしい栄養素が豊富ですが、糖質も多いので、朝食や午前中の間食として食べるとよいでしょう。

 

 

【参考・参照】
(※)厚生労働省 e-ヘルスネット
〈https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-072.html〉(最終閲覧日:2018/5/25)

仕事に没頭しすぎたことで体調を崩したことをきっかけに、健康的なカラダが仕事の質を良くするという思いを胸に約6年勤めた会社を退社し、栄養士の資格を取得。
その後、JICA青年海外協力隊として2年間、中米グアテマラで現地の栄養教育を経験。
現在は、病院で食事・栄養管理に関わる仕事と子育てをしながら、あすけん栄養士としてコラムを執筆やオンライン栄養カウンセリングを担当。

保延 弘美

栄養士
保延 弘美

ページトップ