実は大間違い!失敗しやすいダイエット3パターン

「食べたい!けれど、痩せたい!」のジレンマに陥って、いろいろなダイエットに飛びついていませんか?お金と時間をかけたものの、効果はいまいちだったり、リバウンドしやすかったり。こうした失敗は、間違ったダイエットのせいかもしれません。やってはいけないダイエットを3パターンご紹介します。

close up of woman eating cake at cafe or home

やってはいけないダイエット3パターンとは

1.単品ダイエット

毎食同じものだけを食べるダイエットは、栄養バランスが崩れ、美しいボディー作りに必要な栄養素が欠けてしまいます。単品ダイエットには果物・ココア豆腐などを選ぶことが多いですが、スリムでメリハリある体形を作るために必要な栄養素(炭水化物タンパク質脂質・ビタミン・ミネラル)が不足するのです。

また、単品の食事が続くと、食事の彩りが失われて飽きやすく、食事制限によるストレスを感じて長期間続けられません。短期間で体重を減らすことができても、美しいボディーの土台となる筋肉や骨密度も同時に減ってしまったり、肌や髪のトラブルが生じたりして、美しく痩せることが難しくなります。さらにダイエット後は反動で食欲が増してしまい、リバウンドしやすくなります。
⇒リバウンドしないダイエットの掟

 

2.お菓子を食事代わりにする、カロリー重視のダイエット

とくに若い女性に多い、人気のスイーツを食事代わりにしてカロリーコントロールするダイエットは、注意が必要です。食事1食分を同じカロリーのスイーツに置き換えれば、活動に必要な摂取カロリーを満たすことができます。しかし、スイーツにはビタミン・ミネラル・食物繊維が少量しか含まれていません。
ビタミン・ミネラル・食物繊維といった栄養素は、食事からの炭水化物・脂質・タンパク質の代謝を助け、美しいスリムなカラダ作りに欠かせない成分。摂取カロリー重視の食事ではこれらの栄養素が欠けてしまい、代謝も下がって体重が落ちにくい傾向があります

 

3.極端に食べないダイエット

摂取カロリーの半分近くを占める炭水化物(ご飯・パン・麺類)を抜いたり、健康補助食品や置き換え食品のみ利用する方法は、大幅なカロリーダウンになり、始めた当初は体重が落ちていきます。しかし、基礎代謝を下回るほどカロリーの低い食事を続けると、カラダは栄養不足となり飢餓状態が続きます。すると、カラダは少量のエネルギーで生命活動を維持しようとするため、エネルギー消費を落としていきます。その結果、食べる量とともに消費カロリーそのものも落ちてしまい、思うように体重が落ちなくなったり、痩せにくいカラダになってしまうのです。
⇒食べないダイエットは危険!カラダに起こりうる5つのリスク

 

美しく健康的に痩せるには、食事制限によるストレスを減らし、ココロとカラダに負担の軽いダイエットを継続することが大切です。継続できるダイエットなら、目標に到達した後のドカ食いによるリバウンドはほとんど起こりません。

食べ物は私たちの心身を幸せにしてくれます。ココロとカラダに必要な栄養を与え、無駄なカロリーを減らす確かな方法で、美しく健康なスリムボディ―を目指しませんか。

ページトップ