栄養士が解説!5か月からの離乳食のステップ

離乳食は赤ちゃんが成長していく中で「飲む」から「食べる」への架け橋となる大事な役割です。飲むことしか知らない赤ちゃんにとって、離乳食は生まれて初めての大きな学習。「そろそろかな?」と思っているパパとママへ、楽しく進められる初期の離乳食のポイントについてご紹介します。

赤ちゃん

開始の目安

離乳食の開始の目安は消化機能が整ってくる5ヶ月頃

・首が座っている
・大人が食事する様子に興味を示してよだれが出たり、口を動かしたりする

このような様子が見えてきたら、赤ちゃんの体調や機嫌の良い日を選んで離乳食を開始しましょう。

5ヶ月以前は準備期として、おもちゃをなめさせたり口や頬をつついて触ったりして遊んであげることで口のまわりの筋肉を刺激してあげるといいですね。食物アレルギー反応については離乳食開始時期に影響されないと言われています。

離乳食のポイント

離乳食初期(5~6カ月)

1日1回、午前中や午後の早い時間帯、ママのゆとりのある時(授乳前)に始めましょう。離乳食の後は欲しがるだけ母乳やミルクをあげて下さい。時間を決めることで赤ちゃんの生活リズムが整いやすくなります。

なめらかにすりつぶした「10倍がゆ」1さじから始め、慣れてきたら徐々に量を増やしていきましょう。穀類や野菜・果物・豆腐・ヨーグルトなど消化の良いものを中心に、特別な味付けはせず、旬の食材やだしの旨みなど、素材の風味をいかしたメニューにしましょう。

始めて1ケ月位経ち、上手に飲み込めるようになったら2回食へのサイン。この頃にはササミや白身魚も食べられるようになるので、「食べること」をより楽しめるようになります。

 

離乳食中期(7~8カ月)

食べる量が増え、1日の栄養の30~40%を離乳食からとるようになります。初期の後半と同じ2回食ですが、できるだけ時間を決めて2回目は夜7時前には済ませるようにしましょう。7倍がゆになり、納豆・鶏肉・チーズ・卵黄・マカロニなども食べられるようになり、ごく少量の塩・醤油・味噌など調味料も使えます。食材の数も増えてくるので、栄養バランスよく使うように心がけ、赤ちゃんの味覚を育てていきましょう。

育児をしながら毎日何品も調理するのが大変と感じたら、ベビーフードや果物を1品としてとり入れたり、おじやなどの1品メニューにしても良いですね。

 

離乳食後期(9~11カ月)

1日の栄養の60~70%を離乳食からとるようになり、回数も1日3回に。早朝と深夜は避けて3~4時間の感覚を空けるようにしましょう。5倍がゆになり、青魚・豚肉・牛肉・小麦粉なども使えるように。大人の料理から食材をとり分けたり、冷凍・電子レンジなどをうまく使ったりしながら効率よくバランスの良い離乳食を作るように心がけましょう。栄養面では、不足しがちな鉄分を豊富に含む食材も取り入れて下さい。

「好き嫌い」や「ムラ食い」が出てくる赤ちゃんもいますが、この時期はよくあること。
色々な食材を試したり、生活リズムを見直したりしながら楽しく食べる習慣をつけてあげましょう。

 

離乳食完了期(1歳~1歳3カ月)

栄養のほとんどを離乳食からとるようになり3回食にも慣れてくる頃。大人と同じ食事時間に近づけて、家族そろって食べる楽しさを教えてあげましょう。(3回目の食事は遅くならないようにしましょう。)

刺激の強いものや堅いものを除けば、食べられるものが増え、大人の食事からも薄味でやわらかいものはとり分けられるようになります。濃い味のものは腎臓に負担がかかるので、日頃から家族で薄味をこころがけて、市販の加工品やお惣菜・外食などは気を付けるようにしましょう。

また、胃が小さく多くの量は食べられないので1~2回の補食として「おやつ」が必要に。「お菓子」にする必要はなく、いも類やヨーグルト・フルーツなどの栄養が補えるものがおすすめ。ゼリーや手作りの蒸しパンなど手作りおやつもいいですね。歯の本数も増えてくる時期、甘い飲み物やお菓子などは頻繁にあげないように注意しましょう。

 

離乳食はカラダの発達によって不足しがちな栄養分を補うとともに、さまざまな味や舌触りを覚えて味覚を養ったり、あごや胃腸の運動を発達させたりするはたらきがあります。
最も大切なのは「食べる」ことの楽しさを教えること。途中で好き嫌いが出てきたり急に食べなくなってしまったりなど、思い通りにいかないこともあるかと思いますが、神経質にならずに赤ちゃんのペースに合わせながら進めていきましょう。

ページトップ