マラソン大会直前!前日に食べたらNGの食べ物3つ

秋頃から多く開催されるマラソン大会。大会に備えトレーニングをされている方も多いのではないでしょうか。距離が短い大会もあり、女性も参加しやすくなりました。体力作りも大切ですが、カラダ作りには食生活の管理も欠かせません。今回はマラソン大会の前日には「控えたい食べ物」をご紹介します。 2da10f195029ab4b58f8eafba40ca197

大会前日に食べたらNGな食べ物

1.脂質の多い料理

脂質の多い食品は体内での消化の始まりが遅く、吸収するのにも時間がかかります。

長距離を走ると心臓はもちろんのこと、カラダ全体が上下に大きく揺さぶられるために様々な臓器にも負担がかかります。内蔵疲労は痛みとして感じにくいものの、回復には走った日から4週間ほどかかると言われています。内蔵への負担を軽くするためにも、前日は油っこい食事は避けましょう。

フライや天ぷらなどの揚げ物、アボカド枝豆・とうもろこしなどの野菜にも脂質は多く含まれています。タンパク質をお肉から摂るという方は、調理方法を工夫しましょう。茹でたり網焼きにすると余分な脂が落ちるのでおすすめです。
⇒栄養士が伝授。こってり料理をヘルシーに作るコツはこちら

 

2.食物繊維の多い食材

生活習慣病予防やダイエット時には積極的に摂りたい栄養素ですが、マラソン大会前は控えるようにしましょう。食物繊維は、消化が悪く摂りすぎると腸内にガスが溜まりやすくなるので、走っている時に腹痛を起こしたり必要以上にトイレに行きたくなったりすることも。

食物繊維は豆類(おから・豆腐・納豆を含む)、芋類、玄米、根菜類(ごぼう・レンコンなど)、海草類(ひじき・きくらげなど)に多く含まれています。

直前に野菜類を食べるなら、食物繊維の少ない大根・トマト・きゅうり・玉ねぎなどにしましょう。

 

3.生ものや食べ慣れていないもの

マラソン大会だけに限った事ではないですが、大切な日の前日に食当たりを起こしそうな生ものは避けた方が無難です。刺身や寿司などの生魚は控え、肉や貝類などはしっかり火を通して食べるように気をつけましょう。

また、普段食べ慣れていないものも胃腸に刺激を与えて体調不良の原因になることも。体質的に牛乳やヨーグルトを食べるとお腹がゆるくなる方も避けましょう。

 

走るためのエネルギーは脂肪を燃焼させることが大切です。前日の夜にはこれらの食品を避け、脂肪を燃焼させる火種となる炭水化物を中心にカラダにやさしい食事を心がけるといいですね。
⇒脂肪燃焼にも不可欠!ランニングのパフォーマンスを上げる水分補給のコツはこちら

ページトップ