手足が冷える!末端冷え性改善ガイド

冷え性は血流が悪くなることで手足に冷えを感じる症状で、血行不良が原因で生じます。
冷えを改善するためには、カラダの内側から温まることとカラダを温める食事が欠かせません。

まずカラダを温めるには体幹(胴体)を温めることが大切です。

冷え

体幹とは「カラダから手足を抜いた胴体」のことで、いわゆる内臓がある部分です。カラダは生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに冷えを感じてしまいます。

カラダの内側から温まる方法

適度な運動を意識して行なう

運動は血流を良くするため末端まで血液が運ばれやすくなります。代謝も上がり、燃えやすいカラダに繋がります。

ぬるめのお湯につかり、半身浴をする

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴は、カラダの内側から温めてくれます。お風呂上がりには冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

締め付けすぎない、ゆったりした服装をする

締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいため、ゆとりのあるものを重ね着しましょう。

 

次に食事面では、冷え症に効果のある栄養素として主にビタミンEビタミンCがあります。
ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、ホルモン分泌を調整したりする働きがあり、ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。
他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、代謝を上げてカラダの内側から温かくしてくれる作用があります。

 

カラダを温めてくれる食べ物

ビタミンEの多い食べ物

穀類、緑黄色野菜、豆など

ビタミンCの多い食べ物

いちご、オレンジ、ブロッコリー、ピーマン、芋類など

代謝を良くすることでカラダを温めてくれる食べ物

唐辛子・にんにく・生姜などの香辛料、長ネギ、玉ねぎ、根菜類など

 

即効性のあるものとしては、手をグーパーする(グーとパーで交互に動かす)ことで改善されますが、本質的には改善されません。寒い時期で冷え性が辛いからこそ、食生活の見直しをすることで改善してみてくださいね。

ページトップ