増える「白髪」は食事で対策!白髪の原因とおすすめ食材

髪の毛の悩みは、現代人にとっては特に切っても切り離せない悩みですよね。その中でも白髪の悩みは多いですが、そもそも白髪はなぜ増えるのでしょうか?まずは白髪の原因について解説していきます。

pixta_10450106_S

白髪の原因

髪の毛の色素成分「メラノサイト」

髪の毛の色は、「メラノサイト」という色素細胞により決定されています。
日本人と外国人の髪の色が異なるのは、このメラノサイトの違いによるものです。黒髪が白髪になるというのは、老化やストレス・栄養不足・その他さまざまな原因がありますが、それによりメラノサイトの働きが弱くなってしまう事により起こります。

白髪は30代後半位から徐々に増えてきますが、最近は仕事や受験などのストレス過剰により、若い世代にも増えてきているようです。
⇒栄養士が解説!ストレスを抑えてくれる食べ物

髪の毛の成分「ケラチン」

髪の毛は約10万個の毛母細胞が、血液からタンパク質などの様々な栄養を取り込んで毎日作られています。髪の毛の主成分は「ケラチン」というタンパク質でできているので、タンパク質が不足すると髪の毛は細くなって抜けやすくなったり、髪のツヤがなくなりパサパサ感が出てきます

白髪を予防する食材

健康的な髪を作り白髪や抜け毛を予防するには、良質のタンパク質と丈夫な頭皮を作るビタミンAやB群、さらに亜鉛カルシウム・マグネシウムなどミネラルを積極的に取り入れることが大切です。

健康的な髪をつくる食材

さばイワシ(特にEPADHAの多い青魚)・小魚など
納豆豆腐大豆製品牛乳ヨーグルト・乳製品など
にんじんかぼちゃほうれん草パセリしそニラなどの緑黄色野菜
●海藻(わかめ・こんぶなど)・海苔・にんにく・ごま・玄米など

 

栄養バランスのよい食事と十分な睡眠を確保し、ストレスをためないよう心がけましょう。髪に何か異常を感じたら、ヘアケア法とともに毎日の生活スタイルと全身の健康状態を見直してみては?

ページトップ