美肌効果だけじゃない!ヒアルロン酸を効果的にとるコツ

皮膚、関節、目、血管などに存在し、カラダ中の水分を保つ役目をするヒアルロン酸。その優れた保水性を活かし、化粧水や美容液などの主成分にも使われています。ヒアルロン酸=美肌効果というイメージがあると思いますが、それ以外にも体内で重要な働きをしています。
1カ月で美肌実現!栄養士が教える食事と生活の改善リスト
pixta_9968132_S

ヒアルロン酸の働き

ヒアルロン酸には美容以外にもカラダによい働きがたくさんあります。
●肌の乾燥を防ぎ、潤いを与える
●ドライアイを防ぐ
●関節の動きを良くする
●細菌の感染を予防する
●傷や炎症を治す
カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする
あと200㎎!不足しがちなカルシウムを上手に摂るコツ

ヒアルロン酸を効果的にとるコツ

ヒアルロン酸を多く含む食品やサプリメントを上手に利用

ヒアルロン酸は熱に弱く、加熱すると分解されてしまいます。豊富に含まれる食品もありますが、加熱して食べるものが多いため、効果を高めたいときは補助的にヒアルロン酸のサプリメントを利用するとよいでしょう。
<ヒアルロン酸を含む食品>
鶏皮、鶏のトサカ、フカヒレ、軟骨、魚の目玉、すっぽん

コラーゲンとペアでとる

コラーゲンは肌に張りを、ヒアルロン酸は潤いを与えます。コラーゲンも一緒にとるようにしましょう。
<コラーゲンを含む食品>
ゼラチン、豚バラ肉、牛すじ肉、鶏皮、鶏手羽、鶏なんこつ、うなぎ、カレイ

マンガンをしっかり補う

マンガンはヒアルロン酸を作る酵素の働きを助けます。
<マンガンを含む食品>
パセリ、青海苔、きくらげ、干しえび、アーモンド、大豆、緑茶

ヒアルロン酸は加齢とともに減少する傾向にあるので、食事やサプリメントなどで内側からしっかりと補いましょう!

ページトップ