何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動!

ダイエットをするために「断食」や「ファスティング」にトライする方が増えてきています。中でも最近注目を集めているのが「16時間ダイエット」。耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

Intermittent fasting concept on blue table

最近話題の「16時間ダイエット」とは?

16時間ダイエットの最大の特徴は、1日のうち「8時間」の中で食事を済ませる点です。16時間断食を行い、残りの8時間内は好きなものを食べてもいいとされています。8時間という制限があるため、1日3食から2食へと食事回数を減らすことで摂取カロリーを抑えやすくなったり、ダラダラ食べを防ぐ効果が期待できます。他にも、様々な効果が期待されているそうです。

「8時間は好きなものを食べていい」と言われると、ちょっと気が楽になりますね。でも、ここで注意したいのは「好きなだけ食べていい」ではないこと。16時間ダイエットでしっかり成果を出すためにも、守っておきたい基本のルールをご紹介します。

うっかりやると逆効果!16時間ダイエットのNG行動と対処法

8時間の間、暴飲暴食してしまう

8時間は何を食べてもいいとはいえ、お菓子や甘い飲み物も解禁して暴飲暴食を続けていては、むしろいつもより摂取カロリーが多くなってしまうことも。これだと体重は減るどころか増えてしまいますね。
ダイエットの基本は「消費カロリー>摂取カロリー」です。16時間ダイエット中も食事バランスと摂取カロリーは意識しましょう。

断食明けの1食目に、高カロリーのものや油ものを食べる

断食明けは、空腹のあまりついガッツリしたメニューに手を出してしまいたくなりますよね。でも、断食後の1食目は、消化に時間がかかり、臓器にも負担がかかる脂質が多い油ものやドカ食いをすることはなるべく控えたいところです。
消化にいいスープ・お味噌汁や植物性タンパク質を含む納豆豆腐など和食中心にすると、脂質も抑えられますよ。
⇒消化にいい食材や調理法はこちら
⇒和食を取り入れるポイント「まごわやさしい」の食材はこちら

断食中に甘い飲み物やカフェインを摂取する

断食中の空腹に耐えられず、甘い飲み物やコーヒーを飲んで気を紛らわせている方もいらっしゃるかもしれません。甘い飲み物は糖分が多く含まれ、血糖値を急上昇させカラダに脂肪つきやすくしてしまうので、断食中は控えたいですね。
また、コーヒーなどカフェインを多く含むものは、断食中は胃に負担がかかりやすいので、ノンカフェインのものを選ぶかカフェインが少ないお水やお茶がおすすめです。
⇒飲み物別カフェイン含有量はこちらから

自分のライフスタイルに合わせて取り入れよう

16時間ダイエットは、ライフスタイルによっては実施が難しいこともあると思います。1日のスケジュールの都合上、食事時間を8時間に収めることが難しい場合は、まずは10時間など都合のつけやすい設定から始めてみて、少しずつ調整してみてはいかがでしょうか。

また、断食中どうしても空腹が耐えられないときは、素焼きのナッツ類無糖のヨーグルトを食べるのはOKです。ただし、食べすぎると断食の効果が少なくなってしまうので、200kcal以下を目安に

自分なりのスタイルにアレンジしながら、無理なく続けられるコツを見つけていきましょう。

【執筆者】

コントラクトフードサービス大手(株)グリーンハウスに入社、社員食堂のメニュー提案やセミナー講師・営業所責任者を経て、「あすけん」にジョイン。現在はあすけん栄養士としてコンテンツ作成やオンライン栄養カウンセリングを担当。

趣味は運動で、現在はジョギング・ヨガ、フットサルなどを定期的に行っており、運動と食事の両方を通して健康を伝えていきたいと考えている。

長島 有希

管理栄養士
長島 有希

ページトップ