アセロラ|果物

アセロラジュースやアセロラゼリーとしてよく知られている「アセロラ」。直径2~3cmほどのさくらんぼに似た形をした熱帯地域の果物で、日本では沖縄で栽培されています。ビタミンCが豊富に含まれており美肌効果がある果物といわれています。そこで、アセロラの栄養とその効果、おいしい食べ方についてあすけん栄養士がご紹介します。

Ripe thai cherry on white background

アセロラの栄養成分と効果

ビタミンC

アセロラには酸味が強い「酸味種」と甘みのある「甘味種」があり、酸味種はレモンの17倍、甘味種はレモンの8倍ものビタミンCが含まれています。
美肌作りには欠かせないコラーゲンの合成を助ける働きがあります。さらに、抗ストレスホルモンの合成を助けてくれ、毎日欠かさずにとり入れたい栄養素の一つです。

アントシアニン

ブルーベリーやなすなどにも含まれるポリフェノールの一種。強い抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑制し、老化や免疫力の低下を防ぐ効果があるといわれています。
また、最近の研究では高血圧の発症リスクを下げたり、インスリン抵抗性を改善して血糖値を下げる効果があることがわかっています。(※1)(※2)
健康で若々しく!抗酸化物質を多く含む食べ物

ケルセチン

りんご玉ねぎなどにも含まれるポリフェノールの一種。ビタミンCの働きを助けるので、ビタミンンCと一緒に摂ると良いといわれています。また、血中LDLコレステロールを下げる働きがあるので、肥満や生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

葉酸

「造血のビタミン」とも呼ばれ、赤血球を作り出す働きがあり貧血を防止ます。また、妊娠中や妊娠を望んでいる方には欠かせない栄養素の一つとしてよく知られており、葉酸をとり入れることで胎児の神経管閉鎖障害のリスクを大幅に減少させることができます。

カリウム

体内の余分なナトリウムを排出して細胞内外の水分バランスを調整する働きがあります。それにより、むくみや高血圧を予防する効果があります。

アセロラのおいしい食べ方

生のアセロラを食べる機会は少ないですが、熟したアセロラは甘酸っぱくさわやかな味がします。冷蔵保存で2~3日しか日持ちがしないので、すぐに食べきれない場合は冷凍保存をしましょう。軽くつぶしてから冷凍するとシャーベットのように食べることができます。
また、ジャムやシロップに加工すると長い期間楽しむことができます。

 

生のアセロラがない場合は、アセロラドリンクやアセロラゼリーでもアセロラの栄養をとり入れることができますよ。美肌に興味のある方はぜひアセロラを日々の食生活にとり入れてみてくださいね。

▼カロリー計算▼
アセロラジュースのカロリー・栄養価はこちら

 

【参考・参照】
(※1)糖尿病ネットワーク イチゴやブルーベリーが心臓病を防ぐ
〈http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/019583.php〉(最終閲覧日:2018/5/11)
(※2)糖尿病ネットワーク 野菜や果物のフラボノイドが2型糖尿病の予防・改善に有効
〈http://www.dm-net.co.jp/calendar/2014/021270.php〉(最終閲覧日:2018/5/11)

ページトップ