女性必見!不調の原因である「冷え性」改善ガイド★まとめ

だんだん寒くなると、つらくなるのが「冷え」。「冷え性」自体は病気ではありませんが、血流が悪くなりカラダが冷えることで、胃腸の不調・不眠・肩こり・頭痛などの不快症状が現れるほか、免疫力の低下により病気にかかりやすくなります。
また、冷え性により血流が悪くなると、生理痛が悪化してしまいます。たかが冷え性と思わずに原因と対策を知って改善しましょう。
生理痛改善!意外な冷えとの関係
warm cup of hot coffee warming in the hands of a girl

冷え性の原因

食事量の減らし過ぎ

ダイエットのため、食べる量を極端に減らすと、体温を維持するためのエネルギーが十分に補給されません。
食べないダイエットは危険!カラダに危険な5つのリスク

運動不足

運動不足によって筋肉量が少ないと、カラダに必要な「熱」を十分に作り出せなくなります。さらに、血流が悪くなるため、作り出した熱をカラダの隅々までうまく運べなくなってしまいます。 座りっぱなしの時間が長かったり、運動する時間が少なかったりする人は生活習慣の見直しが必要です。

鉄分不足

カラダは生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送ります。そのため、鉄分をしっかりとっていないと、カラダの隅々まで血液を十分運ぶことができなくなり、手足の冷えにつながってしまいます。
⇒あと3.3㎎!鉄分を効率的に増やすコツ

冷え性対策に効果的な食事法3つ

1.1日3食バランスよく食べる

カラダを温める熱エネルギーは、食事のエネルギーから作られます。
主食(ご飯・パン・麺類)・主菜(肉・魚・大豆製品)・副菜(野菜・海藻類)の揃った食事を心がけ、食事量を減らし過ぎないようにしましょう。
栄養士おすすめ!冷え性改善食べものガイド

2.カラダを温める食材を食べる

カラダを温める効果があるの食材を積極的にとりましょう。

pixta_7387970_S

冷房対策にも!生姜でできる冷え対策
冷えにはコレ!お悩み別おすすめ雑穀

3.冷え解消に効果的な栄養素をとる

■ビタミンC
ビタミンCは血液の主要な材料となる鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持するはたらきがあります。カラダも温まるローズヒップティーなどがおすすめです。
カラダの内側から!末端冷え性改善ガイド
■ビタミンE
ビタミンEは血行を良くするはたらきと、体内のホルモン分泌を調節するはたらきがあります。ブロッコリーかぼちゃアボカド・ナッツ類に多く含まれています。
冷え改善にもってこい!コスパの良い冬野菜4選

冷え性対策に効果的な行動3つ

1.適度な運動を意識して行なう

運動は血流を良くするため末端まで血液が運ばれやすくなります。代謝も上がり、燃えやすいカラダに繋がります。また、ウォーキングのような運動を続けるのも効果的。下半身の筋肉が鍛えられて代謝がよくなり、カラダが冷えにくくなります。
忙しい人も続けやすい!通勤時間を上手に使った「ながらエクササイズ」

2.冷えを防ぐ服装を心がける

血流を妨げるきゅうくつな服装はNGです。
また、東洋医学では、冷やしてはいけないツボが首・お腹・足首にあります。腹巻や足首まで隠れる靴下を利用して、これらのツボを冷やさないようにしてみてください。
冷房の効いた電車内やオフィス内でも調整ができるよう、カーディガン・スカーフ・ひざ掛けなどを用意するのもよい方法です。
冬だけじゃない!夏の冷え性対策

3.湯船につかる

湯船につかるようにして、カラダを芯から温める時間を作りましょう。40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴は、カラダの内側から温めてくれます。お風呂上がりには冷え防止で靴下を履くようにしましょう。
我が家は何℃?お風呂の温度別入浴効果

 

“冷えは万病の元”とも言われるように、カラダに大きく影響します。不調があらわれる前に生活習慣や食生活を見直し、冷え性を改善しましょう。

ページトップ