栄養士おすすめのダイエット中のコンビニ飯★まとめ

コンビニは、忙しいビジネスマンにとっては欠かせない存在ですよね。コンビニでも選び方によってダイエットにも最適な食事が可能です。ここでは、管理栄養士がコンビニでの食事の選び方をご紹介します。

コンビニランチもかしこく選んで!

買い物
最近はコンビニのお弁当でも、低カロリーや栄養バランスを意識したものも増えてきてはいますが、全体的に見ればまだまだボリュームが多く高カロリーで野菜の少ないものが多いのが現状。でも、選び方次第ではコンビニランチでも栄養バランスを整えることができます!

コンビニランチの選び方3原則
1.おにぎり・パンには、1品加えて代謝をアップ!
2.麺類はトッピングが多いものをチョイス!さらに卵をプラス
3.お弁当はごはん・おかず・野菜のバランスをチェックして!

⇒具体的なおすすめランチメニューを見る

ダイエット中に小腹が空いたら・・・

低カロリーで栄養豊富なおでんがオススメ!

ES157
こんにゃく&白滝
こんにゃくや白滝に含まれるグルコマンナンには、便秘予防や体内の不要なものを体外に排出したり、コレステロールの吸収や血糖値の上昇を抑えたりするなどの働きがあります。大きさにもよりますが、1個あたり10kcal程度でとても低カロリーなことも魅力ですね。
⇒オススメなおでんの具をもっと見る

コンビニ別おすすめ夜食を知ろう!

セブンイレブンで夜食を選ぶなら…

「生姜香る!野菜が摂れる餃子スープ」
玉ねぎ・白菜・きくらげ・人参・竹の子などの野菜がたっぷり。野菜はカロリーが低く、スープで食べることで栄養を丸ごととれるところもうれしいですね。餃子が3つ入っているので、ごはんなどの炭水化物を控えても満足感があります。

⇒ファミリーマート・ローソンで夜食を選ぶなら…

ページトップ