痛風になる前に!プリン体の多い食べ物・少ない食べ物

プリン体とは細胞や遺伝子を構成する核酸に含まれている成分の一つです。食事から摂取されるプリン体は肝臓で尿酸として代謝され、腎臓でろ過された後、尿となって排泄されます。ですが、過剰にプリン体を摂取すると高尿酸血症になり、痛風を引き起こす原因に。
「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」では1日400mgが目安量として示されています。FY177

 

食品でプリン体の多いもの・少ないもの

食品中のプリン体は、ほとんど全ての食べ物に含まれています。細胞数に比例してプリン体も多く含まれており、とくに魚や肉の内臓類はその代表と言えます。また、プリン体は水溶性のため、肉や魚から出汁(旨味)をとったスープにも多く含まれています。

プリン体の含有量が多い食べ物

  • 鶏肉・豚肉・牛肉のレバー
  • 煮干し・かつお節・干し椎茸
  • いわし・アジなど魚の干物類・スルメ
  • 白子・アンコウの肝
  • 真いわし・かつお・車えび・サンマ・マグロなど
  • 魚介類や肉類を食材とした鍋物の煮汁

プリン体の含有量が少ない食べ物

  • 米・うどん・そば・パンなどの穀物類
  • 果物類・野菜類・じゃがいも・さつまいもなどのいも類
  • 昆布・ひじき・ワカメなどの海藻類
  • 豆腐・プロセスチーズ・焼きかまぼこ・ソーセージなど

 

アルコールでプリン体の多いもの・少ないもの

アルコールの種類によってプリン体の量は異なりますが、アルコールは体内で尿酸の合成を促進させ、尿酸の排泄機能を低下させるといった作用があるため、どんな種類であれ飲み過ぎには要注意です。

プリン体の含有量が多いアルコール…醸造酒

紹興酒・ビール・日本酒・ワイン

プリン体の含有量が少ないアルコール…蒸留酒

焼酎・ウイスキー・ブランデー

 

プリン体はおいしいものに多く含まれており、全て我慢してしまうとストレスとなり、なかなか思うようにコントロールができません。ひとつだけ好きな食べ物を食べるなど、自分なりに続けられる方法で調整してくださいね。

ページトップ