だしの「うま味」には食欲を抑える効果あり!

世界の無形文化遺産に登録されている「和食」の食文化ですが、和食に欠かせないものと言えば「だしのうま味」。
京都大学の伏木亨教授や英国のサセックス大学のマーティン・ユーマンズ教授(実験心理学)の研究によると、「うま味」は食事の満足感を高め、食欲を抑える効果があることが分かったそうです。(※)ダイエットにも活用できる「うま味」の効果と活用法を知っておきましょう。

pixta_13920379_S

だしのうま味成分は、満腹感を感じやすく食欲を抑える

研究では、27人の被験者を2つのグループに分け、同じ朝食をとってもらった後、昼食の45分前に一方には旨味成分であるグルタミン酸とイノシン酸が入っているスープを、もう片方のグループには両方とも入っていないスープを飲んでもらう実験を4日間行ったところ、旨味の入ったスープを飲んだ被験者は、満腹感を感じやすくなり、昼食の摂取量が減ったそうです。(※)

だしのうま味成分で満足感を感じる理由

その理由はうま味成分がタンパク質(アミノ酸)」であることに由来します。
糖質脂質タンパク質(アミノ酸)は、カラダを維持するのに必須な栄養素であるため、自然とカラダが欲しがるようにできています。また、口にするとβ-エンドルフィンなどの快楽物質が放出されるので満足感を感じ、病みつきになることも知られています。

糖質+脂質のスイーツが無性に食べたくなるというのもこの理由からです。同じように、「うま味」タンパク質(アミノ酸)として脳に認識されるため、脂質や糖質と同様の満足感がもたらされます。
ダイエット中は、糖質や脂質が多いものは避けたいところ。代わりにヘルシーな「だしのうま味」をもっと利用していきましょう。

だしのうま味で食べ過ぎを防止するコツ

だしを効かせた汁物を最初に飲む

普段の食事では、最初にうま味を効かせた汁物を食べると食べ過ぎ防止に繋がります。また、遅い時間の夕食として食べると、胃腸の負担が減るのでおすすめです。

減塩効果でご飯の量を減らす

だしは素材の味やおいしさを引き立てるため、調味料を減らしても美味しい料理ができます。味が濃い料理だとついついご飯の量が増えてしまいがち。味を薄くすることで、ご飯の量を減らすことができます。
⇒減塩生活を始めよう!知っておきたい5つのコツ

だしは手軽に作ることができ、保存も可能です。時間があるときに多めに作って作り置きしたり、いりこや昆布を水に浸したものを常備したりすると便利です。

だしのうま味成分を含む食材

うま味物質として知られているものにグルタミン酸・イノシン酸・グアニル酸などがあります。それぞれ多く含まれる食材があるので、料理の素材として利用してみましょう。

グルタミン酸

昆布・パルメザンチーズ・トマトなど

イノシン酸

カツオ節・煮干し・さばなど

グアニル酸

干ししいたけ・きのこ類など

 

満足感や満腹感をもたらしてくれるうま味を活用すれば、心が癒されるだけでなくダイエットの成功も近づきますよ。

 

【参考・参照】
(※)保健指導リソースガイド 「うま味」には食欲を抑える作用がある 海外で和食が注目される理由
〈http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2014/003730.php〉(最終閲覧日:2017/9/7)

ページトップ