早めにとりかかろう!花粉症対策

春が近づくに連れ、花粉症の方にとっては憂鬱な時期がやってきます。“花粉症に良い食べ物”と言えばヨーグルトやお茶、健康食品などを思い浮かべる方もいるかもしれません。それらは花粉症対策に本当に効果的なのでしょうか?花粉症の基本的な知識と、花粉症対策について、あすけん栄養士が解説します。

花粉症

花粉症とは

花粉症の症状

花粉症の主な症状はくしゃみや鼻水、涙ですが、これは体内に入った花粉をカラダの外に出そうとするアレルギー反応です。本来は大切なはずの免疫反応ですが、免疫反応が過剰になると不快な症状が強く出てしまい、生活の質を落としてしまう一因となってしまいます。

花粉の飛散時期

花粉症の原因の代表的なものはスギ花粉で、春先の時期に多く飛散します。花粉症患者の約70%はスギ花粉が原因と言われています。
また、花粉は1年を通して様々な植物から飛散するため、1年中起こる可能性があります。

花粉症の治療

治療法は、症状を軽減する対症療法と、根本的に治す根治療法の2つがあります。
・対処療法…内服薬・点眼、点鼻薬・鼻粘膜への手術療法など
・根治療法…カラダを花粉に慣らして免疫を獲得する減感作療法など
いずれの場合も医療機関を受診し、医師の診察を受けたうえで適切な治療を受けましょう。

食品と花粉症の関係

食べ物で花粉症は治る?

“花粉症に良い”という食べ物の情報は、よくテレビやインターネットなどで取り上げられ、お茶・ヨーグルト・納豆・健康食品・サプリメントなどが紹介されています。一部には「花粉症の症状を軽減した」などと研究されているものもありますが、残念ながら特定の食品を毎日食べるだけで、花粉症が治るというものは今のところはありません

例えばヨーグルトは、食べることで腸内環境が整い、花粉症の症状の緩和に役立つなどと言われていますが、一般医療機関を受診しているアレルギー性鼻炎患者の調査では、ヨーグルトや乳酸菌が効果ありと判断されている方は30%以下という結果であったようです。

もちろん、ヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれ、さらにお腹の調子を整えてくれるのに役立ってくれますので、花粉症対策のためだけではなく、普段の生活で取り入れて欲しい食べ物です。効果を求めてひとつの食品にこだわって食べ続けるのではなく、さまざまな食品も取り入れつつ、バランスの良い食事を心掛けましょう

テレビやインターネットなどでたくさんの情報があふれており、つらい症状に悩まされている方は試してみようという気持ちになるかもしれませんが、症状が強くなってしまう前にまずは医療機関を受診することが奨められます。
また、食べ物以外にもマスクや眼鏡をつけたり、体調を整えたりすることでもセルフケアができます。少しでも快適な毎日を過ごせるよう、正しい対策を行いましょう。

【参考・参照】
「健康食品」の安全性・有効性情報 花粉症対策について<https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail885.html>(最終閲覧日:2020/01/26)
厚生労働省 花粉症特集<https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kafun/index.html>(最終閲覧日:2020/01/26)
厚生労働省 花粉症の民間医療について<https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/okamoto.html>(最終閲覧日:2020/01/26)

【執筆者】
これまでに500件以上の指導経験があり、ダイエットや生活習慣病対策はもちろん、妊婦から高齢者まで幅広い指導を経験。栄養指導、レシピ制作、栄養教室や料理教室開催などのスキルと知識を生かし、あすけんではコラム執筆やオンラインカウンセリングを担当。

廣田 真由

管理栄養士
廣田 真由

ページトップ