腸内環境改善!ケフィアの持つうれしい効果とは

便秘改善や美容効果があると注目のケフィア。発酵食品の一種で、日本では「ヨーグルトきのこ」として知られており、さっぱりとした酸味と炭酸のような味わいが特徴です。
Organic probiotic milk kefir grains

ケフィアってどんな食べ物?

カスピ海と黒海の間に位置するコーカサス地方で昔から飲まれてきたケフィアは、ケフィアグレインと呼ばれる乳酸菌と酵母を牛乳など乳飲料に加え発酵させて作ります。見た目や味は、ヨーグルトドリンクに似ていますが、ヨーグルトが乳酸菌発酵なのに対して、ケフィアは乳酸菌と酵母の両方から作られます。

ケフィアを食べて得られるうれしい効果

菌のチカラで腸内環境を整える

ケフィアのタネ「ケフィアグレイン」を構成する乳酸菌と酵母には、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる働きがあることから、便秘の予防と改善に効果があります。さらに、乳酸菌は、大腸菌など悪玉菌の増加を抑え、腸内バランスを良くしてくれることから、免疫力アップが期待できます。

腸内環境を整え便秘を予防・改善するには、さまざまな種類の菌を摂ることが大切です。ケフィアを食べればカラダに乳酸菌と酵母をとり入れることができるので効率的ですね。
ダイエット効果も!話題の菌活でキレイになれる理由

美容効果が期待できる

便秘が続くと顔に吹き出物が出てきたことはありませんか?実は、腸の状態が悪くなるとカラダの中にとり入れたい栄養素がうまく吸収されないうえ、毒素が排出できなくなりお肌のトラブルを招きやすくなります。ケフィアグレイン(乳酸菌と酵母)は、腸内環境を良くし、カラダの中に入った栄養素をしっかり吸収するサポートをしてくれるので、お肌の状態を健康に保つ効果が期待できます。
美肌は腸内環境から!食事で内側からキレイを作る方法

ケフィアのとり入れ方

さわやかな酸味とピリッとした炭酸のような味わいが特徴のケフィア。そのままで食べることもできますが、独特な風味が苦手な方は、甘みをプラスしたり、ソースやドレッシングに混ぜてみるのもよいでしょう。

■はちみつを加えて
酸味が強いと感じる方におすすめなのが、自然な甘みのはちみつをプラスすること。はちみつには、グルコン酸というビフィズス菌を増やしてくれる働きのある栄養素が含まれているので、さらに腸内環境をアップしたい方にはうれしいですね。

■フムスにプラスして
フムスは、茹でたひよこ豆に練りごまオイルなどを混ぜてペースト状にした中東発のヘルシーメニューです。これにケフィアを加えれば、クリーミーで濃厚なフムスに、さわやかでさっぱりとした味わいが楽しめます。ひよこ豆には、食物繊維はもちろん、ビタミンB6も豊富に含まれ美肌効果にも役立ちます。

最近では、粉状のケフィアグレインから自宅で簡単にオリジナルケフィアを楽しむことができるので、スムージーに混ぜたり、ヨーグルトやクリームチーズの代わり料理に使ってもよいですね。

 

ケフィアは発酵食品なので、周りの温度や湿度などで発酵状態も変わってきます。食中毒などの原因にもなるので、自家製のケフィアを作る場合は、発酵状態や衛生管理に十分気を付けましょう。

 

仕事に没頭しすぎたことで体調を崩したことをきっかけに、健康的なカラダが仕事の質を良くするという思いを胸に約6年勤めた会社を退社し、栄養士の資格を取得。
その後、JICA青年海外協力隊として2年間、中米グアテマラで現地の栄養教育を経験。
現在は、病院で食事・栄養管理に関わる仕事と子育てをしながら、あすけん栄養士としてコラムを執筆やオンライン栄養カウンセリングを担当。

保延 弘美

栄養士
保延 弘美

ページトップ