梨|果物

日本で生産されている梨のほとんどが「日本なし」と言われる種類の梨で、幸水豊水二十世紀などさまざまな品種が作られています。独特のシャリシャリとした食感をもたらす不溶性食物繊維・果糖・タンパク質分解酵素なども含まれています。梨の栄養とその効果、おいしい食べ方についてご紹介します。
pixta_17559165_S

梨の栄養成分と効果

プロテアーゼ

タンパク質を分解する酵素。肉と梨を一緒に漬け込むと、肉を柔らかくすることができます。また、食後にデザートとして食べると消化を助けてくれるので、胃の負担を軽くする効果が期待できます。

アスパラギン酸

アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、細胞にカリウムマグネシウムなどのミネラルを運びます。また、体内でエネルギーを作り出すクエン酸回路に関与していています。疲労回復やスタミナアップに効果があるとされています。

カリウム

カリウムは必須ミネラルのひとつです。過剰なナトリウムを尿と一緒に体外へ排出させる作用があり、むくみや高血圧の予防と改善に役立ちます。

ソルビトール

ソルビトールは糖類のひとつです。砂糖に比べてやや低カロリーで甘さ控えめなのが特徴。水分を保持する性質があり、便を柔らかくしてお通じを改善する作用があります。
毎日のお通じでチェック!あなたの健康度

食物繊維

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、梨には不溶性食物繊維が多く含まれています。シャリシャリとした食感のもとになっているのは、不溶性食物繊維のリグニンペントザン。胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれます。

梨の美味しい食べ方

カットしてそのまま食べると、食感と優しい甘みを堪能できます。冷やし過ぎると甘みを感じにくくなってしまうので、食べる2~3時間ほど前に冷蔵庫で冷やすのがおすすめですヨーグルトと合わせれば、便秘対策になります。

 

梨は、低カロリーで食欲の秋には嬉しい果物ですが、カラダを冷やす性質があるとされています。冷え性の人は食べ過ぎに注意してくださいね。

▼カロリー計算▼
梨のカロリー・栄養素はこちら

 

【参考】
オールガイド食品成分表2016 実教出版

ページトップ