若返りの栄養素【レシチン】

レシチンはリン脂質と呼ばれる脂質の一種で、水と油を混ぜ合わせる乳化作用を持っています。そのおかげで、細胞の中に栄養分を取り入れたり、細胞から老廃物を排泄したりできるのです。脳や神経組織などに多く含まれるほか、細胞膜の主要な構成成分で、全ての細胞に欠かせません。

egg and soy bean

レシチンの種類

レシチンは、大きく分けると大豆レシチン卵黄レシチンの2つに分類されます。その名の通り大豆大豆製品に含まれるのが大豆レシチン、卵黄に含まれるのが卵黄レシチンです。どちらも同じレシチンなので、効果に大きな差はありません。

  • 大豆レシチン:血液中に長く留まり、動脈硬化や脂質異常症などの予防に効果的。
  • 卵黄レシチン:神経系に作用する成分を多く含んでいるため、脳機能活性化に効果的。

レシチンの効果

脳の働きを高めアルツハイマー型の認知症を予防

レシチンは脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの材料となっています。しっかりとレシチンを摂ることで、記憶力や集中力アップのほか、認知症の予防にも効果があると言われています。
食べ物で頭がよくなる?!頭の回転と記憶力がアップする食べ物

動脈硬化を予防

動脈硬化は余分なコレステロールが血管壁に付着することで起こります。レシチンは乳化作用により、コレステロールと血液中の水分と乳化させ、コレステロールが血管壁に付着することを予防します。
動脈硬化予防だけじゃない!血管力を高めて美肌に近づく方法

肝機能を高める

レシチンを構成する物質コリンには、タンパク質と協力して肝臓内に脂肪が過剰に蓄積するのを防ぐ働きがあります。

美肌効果

肌の乾燥を防ぐほか、肌の細胞の再生に役立ちます。

脂質代謝を活性化

体内で脂質がエネルギーとして利用される際にレシチンが必要です。そこで、レシチンをしっかり摂ることにより脂質代謝を上げてくれます。
脂質代謝に不可欠な栄養素!ビタミンB2

細胞の老化予防

抗酸化物質(ビタミンACEポリフェノール・カテキンなど)とレシチンを適切に補うことで、細胞膜の酸化を防ぎ、アンチエイジング効果があります。

 

レシチンの摂取のポイント

レシチンを豊富に含む食品は、大豆・卵黄・うなぎ・小魚・レバーなどです。
緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA・Eと一緒に摂るとさらに効果的!レシチンはビタミンA・Eの吸収を助け、ビタミンEはレシチン中の不飽和脂肪酸の酸化を防止します。

 

身近な食品に含まれているレシチン。レシチンが豊富に含まれている食品を意識して、日々の食生活にとり入れてみましょう!

ページトップ