あすけんおすすめレシピ サバじゃがみそしる

サバじゃが

調理が難しい魚は缶詰を活用。魚のタンパク質と発酵食品のみそで免疫力アップ!

【材 料】(2人分)

さば水煮缶    1缶(190g)
玉ネギ      1/4個
じゃがいも    1個(100g)
水        300ml
みそ       大さじ2
ゴマ油      小さじ2
万能ネギ     少々

【作り方】

①玉ネギは幅1㎝のくし切りにする。じゃがいもは皮を剥いて、8等分くらいの大きさに切る。万能ネギは小口切りにする。
②鍋にゴマ油を熱し、みそを加える。弱火でみそを炒める。
③よい香りがしてきたら、分量の水と玉ネギ、じゃがいもを加える。沸騰する直前に火を弱めて蓋をし、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。
④サバの水煮を軽くほぐし、汁ごと加える。ひと煮立ちしたら器に注ぎ、万能ネギをちらす。
※サバの水煮の旨みでダシいらず。簡単にできます。
※みそを炒めることで、香ばしくなり、サバの臭みが気にならなくなります。

 

ワンポイントアドバイス

魚に含まれる油をとることは生活習慣病の予防にもつながると言われています。魚からもタンパク質をとるようにしましょう。でも、魚は料理がむずかしい、手間がかかる・・と敬遠されがちです。すでに調理がしてある缶詰なら、保存がきき、料理が簡単です。発酵食品のみそは、みそ汁で毎日無理なく摂りましょう。サバとも相性抜群です。

 

 

おうちごはん研究家、管理栄養士、スパイスコーディネーター

フードサービス業界にて、レシピ開発やイベント企画等を担当し、メタボリックシンドローム予防の特定保健指導の相談員としても活躍。活動を通じて三度の食事が健康につながることを実感し、日常の食事の大切さを伝えたいと、料理教室を始める。離乳食や幼児食などの食育活動、主婦向けの料理教室、レシピ提案など「作る人と食べる人の絆を結ぶおうちごはん」をテーマに、簡単で楽しく、美味しい料理を提案している。

 

金丸 利恵

管理栄養士
金丸 利恵

ページトップ