ダイエッター必見!間食におすすめのチーズ5選

チーズは高カロリーというイメージがあり、ダイエット中の人は敬遠してしまうことがあるかもしれません。しかし、チーズは腹持ちがよいだけでなく、タンパク質カルシウム・糖質脂質の代謝をサポートするビタミンB群などが多く含まれているため、ダイエッターこそ上手にとり入れたい食品です。

さらに、そのまま食べることもできるので、忙しいときの間食にも便利です。 コンビニやスーパーで手に入り、ダイエットに役立てやすいチーズをあすけん栄養士がご紹介します。
骨粗鬆症対策やダイエットにも!チーズがもつ栄養効果
Delicious cheese on the table

ダイエット中におすすめのチーズ5選

1.雪印メグミルク さけるチーズ

スティック状のチーズが1本ずつ小分けされ、2本セットになった商品です。2本あるうちの1本を間食にすれば、摂取カロリーを80kcalに抑えられます。味の種類も豊富なので、日替わりで楽しめます。

2.明治 モッツァレラ6Pチーズ

モッルァレラチーズは、チーズの中でも高タンパク質・低脂質でダイエット向きです。食べやすさが評判の6Pチーズにも、モッツァレラチーズがブレンドされたものが発売されています。1個のカロリーは49kcalと、標準の6Pチーズ(61kcal)に比べて低いのもうれしいポイントです。

3.明治 ふわっとさけて柔らかい、モッツァレラチーズ

モッツァレラチーズが手軽に食べやすくなった商品です。個別包装された4本入りで、全部食べると128kcalですが、食べる本数を調整すると、摂取カロリーをコントロールしやすくなります。また、チーズを裂くという動作が加わることで、早食い防止にもつながります。

4.六甲バター Q・B・Bベビーチーズシリーズ

お酒のおつまみとしても人気の商品です。ナッツを加えたもの・ハーブやサーモンをプラスしたものなど、種類が豊富で色々な味が楽しめます。1個あたり50kcalとなっており、摂取カロリーの計算も簡単です。おすすめは、カルシウム鉄分など、不足しがちな栄養素を強化したシリーズです。おつまみや間食に選ぶと、健康づくりに役立ちます。
栄養士が解説!鉄分不足・カルシウム不足が引き起こす症状

5.Kiri クリームチーズ

なめらかな食感が好きな人にはクリームチーズがおすすめ。カロリーは高めですが、食べ過ぎなければダイエット中でもOKです。1個61kcalなので、1~2個を目安にしましょう

 

チーズは、脂質の代謝をサポートするビタミンB2が豊富ですが、食べ過ぎればカロリーオーバーとなってしまいます。適量を楽しむようにしてくださいね。

ページトップ