生理痛改善!意識してほしい栄養素と生活習慣

生理痛に悩んでいる女性は多いですよね。実は、冷え性や栄養バランスの乱れが生理痛をひどくする原因の一つなのです。生理痛の緩和には、食習慣や日常生活の改善が大切です。

pixta_6108578_S

 生理痛の原因

冷え性により血流が悪くなると、経血がうまく排出できなくなります。すると過度に子宮が収縮し生理痛が引き起こされるのです。特に無理なダイエットや偏食ばかりしていると、栄養不足でカラダが冷え、生理痛が悪化してしまいます。

 

生理痛を緩和する栄養素と食材

ビタミンB6

ビタミンB6は、女性ホルモンの分泌バランスを整え、子宮収縮を穏やかにする作用があります。
食材:マグロ・カツオさんま・ささみ・ひまわりの種・大豆・バナナなど

ビタミンE

ビタミンEは、血管を拡張し血流を良くする働きがあります。冷え性の改善にも効果的です。
食材:ゴマ・ナッツ類・アボカド・うなぎなど

n‐3系脂肪酸

n‐3系脂肪酸は、血液がドロドロになる「うっ血」の状態を改善し、ホルモンバランスを整えます。

食材:クルミ・ナッツ類・いわしなどの青魚・亜麻仁油・えごま油など

は、だるさや疲労の回復を助け、貧血の予防をします。
食材:いわし・カツオ・牡蠣・レバー・ほうれん草・大豆など

 

適度な運動で生理痛を改善

筋肉量が低下すると、血流が悪くなりカラダが冷えやすい状態になります。同時に骨盤内のうっ血も起こりやすくなり、生理痛が悪化してしまうのです。
筋肉は運動不足によってすぐに衰えてしまうので、筋力をつけるためには継続的な運動が大切です。ストレッチやダンベル運動など、簡単にできる運動を習慣づけましょう。

その他として、入浴もおすすめです。ゆっくりと湯船につかることで血行がよくなり、冷え性の緩和が期待できます。

 

カラダを温めて血流を良くすることで、生理痛の痛みが和らいでいきます。日頃から栄養バランスの良い食事と適度な運動を意識して、生理痛の改善に繋げましょう。

ページトップ