レコーディングダイエット

notebook for recipes and spices on wooden board

今日から実践!食べたものを書くだけのダイエット

レコーディングダイエットは、岡田斗司夫氏が著書「いつまでもデブと思うなよ」で紹介したダイエット法で、文字通り食べたものを記入するダイエット法です。食べたものを記録することで、自分がどのようなタイミングでどんなものを食べているのかを客観的に見ることができます。自分の食生活を根本から見直せるダイエット法です。

レコーディングダイエットの方法

第一段階

まずは現在の自分の食生活を知るために、食事制限など一切せずに、食事内容や食事時間、体重を記録します。どのような食生活をしているのか大体の傾向が掴めたら、第二段階へ。

第二段階

体重と体脂肪を毎日記録しながら、食べたもののカロリー計算を始めます。自分が食べたものがどのくらいのカロリーであるのか、しっかり認識するのが目的です。

第三段階

その後、自分の食べている物のカロリーが、性別や年齢に合わせて計算した目標摂取カロリーの範囲内に収まるように工夫しつつ、毎日の食事を記録します。

レコーディングダイエットの効果

毎日自分が食べたものを書きだし、それが規定内のカロリーを保っているのかどうかを認識する習慣がつくと、どんなことがあると体重が増えるのかも分かるようになります。

またカロリー計算を毎日行っていると、食品を手に取るだけでカロリーがわかるようになるので、暴飲暴食もしなくなります。

短期間で効果を上げることは難しいかもしれませんが、これまで目をつぶってきた自分の食生活を見直すことで、減量が期待できます。

ここに注意

レコーディングダイエットを行う際には、以下のことに注意しましょう。

  • 食べたら忘れずに自分が食べた物をノート等に記録すること
  • 毎日食べた物がどういった物だったか分かるようにきちんと管理すること
  • 1日2日やっただけでは効果は期待できないので、最低1ヶ月は継続すること

専門家のひとこと

レコーディングダイエットは、器具や特定の食品を必要としない手軽で安価なダイエット法です。私たち栄養士の食事指導も、まず自分の食事を書き出してもらうことからはじまります。自分の食事を可視化することはダイエットの基本です。

ただ、レコーディングダイエットは継続が肝。継続なくしては成功しません。より苦なく食事記録を続けるために、食事記録が簡単にできるあすけんアプリを利用すると楽しいダイエットになりますよ。

道江美貴子

管理栄養士
道江美貴子

ページトップ