こってり中華でもこれなら安心!栄養士厳選太りにくいメニュー4選

中華料理は炒め物や揚げ物など高カロリーなメニューが多いのが特徴。美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいがちです。お酒が入れば箸もすすんで、あっという間にカロリーオーバーなんてことも・・。今回はダイエット中でもおすすめの中華料理おつまみをご紹介します!
shutterstock_81993364

ダイエット中におすすめ中華料理おつまみ

1.海鮮と野菜の炒め物(約150kcal)

魚介類と野菜をたっぷり使った炒め物は、肉を使った炒め物に比べカロリーは約半分。タコ・イカ・ホタテなどの魚介類に含まれるタウリンが肝臓の働きを良くしてくれるので、お酒のおつまみにもぴったりなメニューです。野菜のあんかけや炒め物でもカロリーはグッと抑えられます。

2.クラゲの酢の物(約50kcal)

中華料理でよく使われるクラゲは95%が水分なのでとってもヘルシーな食材です。
酢の物に一緒に使われるきゅうりやもやしなどの食材もカロリーが低く、歯ごたえがあるので満腹感アップにつながり食べ過ぎ防止にもなります。栄養分は少ないですが、口寂しくなった時や食べ始めのおつまみに選ぶと良いでしょう。

ダイエットや小顔効果も!噛むことで得られるメリット6つ

3.バンバンジー(250~300kcal)

棒棒鶏(バンバンジー)は鶏肉を茹でて調理するので、油をたっぷり使うことが多い中華の肉料理の中でヘルシーなメニューと言えます。
鶏肉はカロリーが低い上に良質タンパク質が豊富なのでダイエット中にピッタリ。血管へのコレステロールの沈着を防止したり、疲労回復効果もあります。鶏皮やタレはカロリーが高いのでタレのかけ過ぎに注意して皮を除いて食べると更にカロリーを抑えることができるのでおすすめですよ♪

4.青菜のクリーム煮(約150kcal)

青梗菜は食物繊維やミネラルが豊富なので、免疫力をアップして風邪を予防したり、便秘を解消したりする働きがあります。さらに牛乳は腹持ちもよく精神を安定させたりストレスを和らげたりする働きがあるのでおすすめです。
仕事でお疲れの時の飲み会にももってこいのメニューです。

悩んでない?ダイエット便秘を解消するには
お酒を飲む時はどうしてもカロリーオーバーになりがち。油を控えた蒸し料理や茹で料理などを選んだり、野菜や魚介類を使ったメニューも取り入れたりして中華を楽しみながら、美味しくカラダにもうれしい時間を過ごせると良いですね。

ページトップ