コラーゲンをとっても無意味?体内でコラーゲンを作る方法とは

コラーゲンの入った健康食品には、サプリ、ドリンク、ゼリーなど様々な種類があります。美容に良いイメージのあるコラーゲンですが、効果はあるのでしょうか?今回はコラーゲンの効果についての解説と、コラーゲン以外にも、美容や健康に役立つ栄養素をご紹介します。

コラーゲンの働きと効果

コラーゲンの働き

コラーゲンは、細胞や組織を結合させるタンパク質のひとつで、骨や筋肉をささえたり組織同士を結びつけたりと大切な役目をしています。
体内コラーゲンのうち、40%が皮膚に存在しますが、皮膚の形や弾力を保つのに大切な役割を果たしています。その他にもコラーゲンは、20%は骨や軟骨組織に、残りは血管や内臓などに広く分布しています。
加齢により体内のコラーゲンは減少し、肌の悩みや骨、関節のトラブルの一因になると考えられています。

コラーゲンを食べたときの効果

コラーゲンは健康食品として「皮膚の弾力を保つ」「美容に良い」「関節の痛みを和らげる」などとして用いられていますが、現時点ではコラーゲンを食べることでそのような効果が出るかどうかは不明である、とされています。
食べ物として摂取したタンパク質は、消化酵素の働きによりアミノ酸やペプチドの形となり私たちのカラダに吸収されます。タンパク質の一種であるコラーゲンを食べることで、コラーゲンの材料であるアミノ酸を摂取することにはなりますが、そのアミノ酸が再びコラーゲンとして合成されることははっきりとわかっていません。(※1)

低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)なら効果がある?

コラーゲンを酵素分解した低分子コラーゲン(コラーゲンペプチド)は、コラーゲンに比べ消化・吸収しやすく、サプリメントや美容食品に多く使われています。
もちろん、吸収しやすいこと=コラーゲンとして合成される訳ではありません。しかし、低分子コラーゲンがコラーゲン合成を促す働きがあるのではないかと様々な研究が進んでいます。今後の研究に期待ですね。

肌や関節の働きを保つ栄養素は?

残念ながら、コラーゲンを食べるだけでは肌や関節の悩みへの効果ははっきりとしないようですね。ですが、以下の栄養素は科学的根拠がはっきりしており、日本人に不足しがちな栄養素でもあるため、意識して取り入れることで美肌効果が期待できますよ。

ビタミンC

コラーゲンを合成する際には、ビタミンCが必要で、不足するとコラーゲンの合成ができなくなってしまうため、食事からしっかりと補うことが大切です。また、ビタミンCには抗酸化作用があり、老化や免疫機能低下を引き起こす活性酸素の働きを抑えてくれます。
ビタミンCは、果物全般、野菜、芋類に多く含まれます。間食にフルーツを取り入れることや、生野菜や芋類が不足しないよう心掛けましょう。
コラーゲンの生成に欠かせない【ビタミンC】

ビタミンA

ビタミンAはコラーゲンの再構築に必要な栄養素です。不足すると皮膚の乾燥、皮膚の肥厚の原因となります。また、ビタミンCと同じく抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑えてくれます。
ビタミンAは、ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜、レバーやうなぎ、卵黄に多く含まれ、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。
免疫力アップには欠かせない【ビタミンA(β-カロテン)】

肌や関節の健康のためには、コラーゲンの材料となるタンパク質や、ビタミンの摂取はもちろん、十分な休息・睡眠や適度な運動を取り入れることも大切です。内側からキレイになるために、食事はもちろん、生活習慣も見直してみましょう。

【参考・参照】
(※1)「健康食品」の安全性・有効性情報 コラーゲン<https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail2204.html>(最終閲覧日:2019/10/04)
「健康食品」の安全性・有効性情報 コラーゲンって本当に効果があるの?<https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail2204.html>(最終閲覧日:2019/10/04)
厚生労働省 eヘルスネット コラーゲン
<https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-011.html>(最終閲覧日:2019/10/04)
厚生労働省 平成29年 国民健康・栄養調査結果の概要<https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000351576.pdf>(最終閲覧日:2019/10/04)
厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)<https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html>(最終閲覧日:2019/10/04)

 

【執筆者】
これまでに500件以上の指導経験があり、ダイエットや生活習慣病対策はもちろん、妊婦から高齢者まで幅広い指導を経験。栄養指導、レシピ制作、栄養教室や料理教室開催などのスキルと知識を生かし、あすけんではコラム執筆やオンラインカウンセリングを担当

廣田 真由

管理栄養士
廣田 真由

ページトップ