集中力アップ!パフォーマンスをあげる習慣4つ

午後はいつも眠たい、集中力が続かない、記憶力が落ちている…などと感じることはありませんか?頭がすっきりしている方が、仕事や作業もはかどりますよね。

食事・運動・睡眠の体調管理こそパフォーマンスアップには大切。知れば実行したくなる、すぐにでもできるパフォーマンスアップの習慣をご紹介します。

notebook for recipes and spices on wooden board

食事・運動・睡眠が鍵の理由

食事

「朝食はとらずに1日2食」「甘い飲み物やおやつは欠かさない」「野菜、海藻、きのこ類はあまりとらない」などの食生活は、血糖値の急上昇・乱降下に繋がり、眠気やイライラを起こしてしまうことが知られています。

血糖値の安定はNASAでも注目されており、NASAは「宇宙飛行士が最高のパフォーマンスを維 持するには、血糖値を一定に保つことが効果的だ」というレポートを出しています。(※1)

集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係

運動

運動により脳の血流量が増えることで、頭がすっきりとし集中力アップが期待できます。

実際に、ヨガやゆったりとしたウォーキング程度の低強度の運動を10分実施したグループと、安静にしていたグループとで記憶力テストをしたところ、運動をしたグループの方が成績が良かったという研究も行われています。(※2)

ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ

睡眠

睡眠不足だと集中力が低下することは誰しも経験があるかと思います。睡眠で心とカラダをしっかり休めることが大切です。なんと、睡眠不足=ほろ酔い状態だと示唆する報告もあるんです。カナダ・バンクーバーの Fatigue Science社の研究によると、疲労や睡眠不足の状態にある人は反応速度に40%の低下がみられ、これは血中アルコール濃度が0.08%の弱度酩酊と同程度の数であることがわかりました。(※3)

「血糖値の安定」「適度な運動」「十分な睡眠」、これら3つにフォーカスして、おすすめしたい習慣4つをお伝えします。

パフォーマンスをあげる習慣4つ

1.朝食を毎日とる

血糖値の安定には、3食の規則正しい食事が欠かせません。朝食をとることで、その後にとる食事の後の血糖値の急上昇を抑えてくれます。また、午前中にエネルギー不足でぼんやりしてしまう、なんてことも防いでくれます。

朝食をとる習慣のない方は、まずはおにぎりやパン1つからでもOKです。食欲がない方は野菜ジュースやヨーグルト、果物など、食べやすいものから始めてみましょう。

2.低GI値の食品を選ぶ

GI値とは、高いほど血糖値があがりやすく、低いほど血糖値の上昇がゆるやかとされています。

まずは主食を低GI食品に変えてみる方法が手軽に取り組めておすすめです。

玄米や雑穀米、全粒粉パンや、コンビニでも手に入るブランパンは、白米や普通のパンに比べGI値が低くなっています。

また間食も同様に低GI食品を選ぶと良いでしょう。アーモンドやくるみなどのナッツ類、高カカオのチョコレートヨーグルトドライフルーツなどがおすすめです。低糖質なだけでなく、カラダにうれしいビタミン・ミネラルなどの栄養素もたくさん入っています。適度な間食は、夕食の食べ過ぎ予防効果も期待でき、ダイエットにも一石二鳥です。⇒仕事中にリフレッシュ!ストレス対策におすすめの間食5つ

3.リズムのある運動をする

運動をすると記憶力アップ効果が期待できる他にも、運動することでセロトニンという幸せホルモンが分泌されます。セロトニンには心のバランスを整えてくれる働きがあり、いらいらや不安をコントロールしてくれます。

5分以上の一定のリズムでできる運動をすることでセロトニンの分泌が増えると言われていますので、ウォーキングや軽いジョギング、階段を上る、深呼吸など、取り入れやすいものから実行してみましょう。運動の時間を取るのが難しい方は、一駅分歩く、エレベーターでなく階段を使うなど、生活の中で運動量を増やす工夫を考えてみましょう。

 

4.十分な睡眠をとる

必要な睡眠時間は、個人差があるものの6~8時間とされています。睡眠が足りているかどうかは、「日中の眠気で困らない程度」が目安になります。起床時間から逆算し、寝たい1時間前にアラームをセットしておくなどで睡眠時間が確保できるよう意識すると良いでしょう。

また、眠る前のスマートフォンを避けたり、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかったりすることで睡眠の質をあげることができます。睡眠時間の確保が一番ですが、難しい場合はこのような方法を工夫してみましょう。

睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ

これらの習慣を身に付けて、仕事や作業の効率をUPし、充実した毎日を過ごしてくださいね。

 

【参考・参照】
(※1) NASA Technical Reports Server (NTRS) – The Effects of Blood Glucose Levels on Cognitive Performance: A Review of the Literature
http://ntrs.nasa.gov/search.jsp?R=20070031714(最終閲覧日:2019/06/02)

(※2)国立大学法人 筑波大学 征矢英昭 短時間の軽運動で記憶力が高まる!~ヒトの海馬の記憶システムが活性化されることを初めて報告~
https://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/180926soya-1.pdf

(※3)Didn’t Get Enough Sleep? You Might As Well Be Drunk
https://www.forbes.com/sites/kellyclay/2013/09/04/didnt-get-enough-sleep-you-might-as-well-be-drunk/#6c8335da10e2

 

【執筆者】
コントラクトフードサービス大手(株)グリーンハウスに入社、社員食堂のメニュー提案や栄養指導業務を経て、2009年「あすけん」に参加。アドバイス作成やサービス開発に携わる傍ら、年間150件以上の栄養指導やプロアスリート選手の食事サポート、セミナーなどを実施。現在はフリーランスに転向し、幅広く活躍。

衞藤敬子

管理栄養士
衞藤敬子

ページトップ