つらい生理痛とおさらば!症状をやわらげる栄養素4つ

生理理痛はほとんどの女性が経験したことがあるのではないでしょうか。生理痛はホルモンの乱れが関係し、過労や精神的ストレス、食生活の乱れなどが原因と考えられます。
生理痛

生理痛をやわらげる食材と栄養成分

マグネシウム・ビタミンB6

マグネシウムには子宮収縮を緩める作用があります。ビタミンB6もマグネシウムと同じく子宮の収縮を緩めるとされており、卵胞ホルモンの代謝を良くする効能もあるので生理痛の緩和には欠かせません
〈多く含まれる食品〉大豆・アーモンド・マグロさんま

ビタミンE

ビタミンEはホルモンの生成や分泌にかかわり、女性ホルモンの代謝をサポートします。
〈多く含まれる食品〉柑橘類・かぼちゃねぎにんじん生姜

タンパク質

タンパク質は筋肉や皮膚・爪を作るだけでなく、血液や女性ホルモンのもとになりますダイエットで不足しがちな栄養素なので、さまざまな食品から毎日きちんと摂るようにしましょう。
〈多く含まれる食品〉肉類・魚介類・大豆および大豆製品、牛乳および乳製品

生理中は全身の血行が悪くなり、子宮がうっ血するため、よりいっそう冷えやすくなり、その冷えによって下腹の痛みや頭痛、腰痛などが起きてきます。冷えを和らげるために、ねぎやにんにく・生姜などカラダを温める効果のある食品を摂るようにしましょう。
また、足湯でカラダを温めると滞りがちな血流をよくし、全身を効果的にあたためることができます。疲労回復・リラックス効果・むくみ解消も期待できますよ。(※)
知らなきゃもったいない!冷え解消に効く生姜の活用法

 

規則正しい生活を心がけることが生理痛の緩和につながります。予防をしていても、その時の体調やホルモンのバランスで痛みが出ることがありますが、あまり気負わずできることから始めてみましょう。

 

【参考・参照】
(※)秋田県医師会 冷え性、その対策は?
〈http://www.akita.med.or.jp/health_page?id=76〉(最終閲覧日 2017/6/9)

ページトップ