レタス|野菜

レタスは食卓では脇役になりがちですが、効能を知るとメインディッシュにとり入れたくなる食材。レタスには美肌作り、アンチエイジング、ダイエットに役立つさまざまな効能があります。玉レタス・サニーレタス・リーフレタス・サラダ菜・サンチュなど色々な種類があるので、料理によって使い分けてレタスのシャキシャキ食感を楽しみましょう。

pixta_2684538_S

レタスの栄養

カリウム

カリウムは体内の過剰なナトリウムを排出して水分濃度を正常に保ち、むくみや高血圧の予防に役立ちます。

ビタミンA(β-カロテン)

皮膚や粘膜の健康を維持して肌荒れ対策に働いたり、髪の健康維持や視力の強化を助けたりします。β-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換するので、過剰症の心配はありません。

ビタミンE

「若返りのビタミン」と呼ばれ、体内の活性酸素を除去したり、血液の流れを改善したりして、アンイエイジングや美肌作りに役立ちます。

ビタミンC

シミ・しわなど肌トラブルの改善、コラーゲンの生成を助けます。また、細菌やウィルスを撃退して風邪やアレルギーの予防に役立ちます。

食物繊維

腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えて、腸内環境を健康に保ちます。腸が健康的に活動すると、便秘改善や美肌の維持、生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できます。

 

レタスの効能

美肌効果

美肌作りに欠かせないβ-カロテン。レタスの中でも特に豊富なのが、リーフレタスで、普通のレタスの約9倍も含んでいます。さらに、シミ・しわなどの肌トラブル改善に働くビタミンCもたっぷり。

〈100gあたりのβ-カロテン量〉
リーフレタス 2300μg、サニーレタス 2000μg、レタス 240μg

不眠対策

レタスに含まれる白い汁「ラクチュコピコリン」と呼ばれるポリフェノールの一種は、神経を静め、寝つきを良くする作用があります。心地よい睡眠がとれない日が続く場合、夕食にレタスをとり入れると、安眠効果を期待できます。生で食べるほかに、スープやお鍋に入れて加熱調理するとレタスのかさが減り、一度にたくさん食べることができますよ。

アンチエイジング

レタスに豊富なビタミンEは新陳代謝を促進することで血行を改善させるため、アンチエイジングに効果が期待できます。加熱による栄養損失が少ないため、加熱調理に向きます。また脂溶性ビタミンなので、油との相性も抜群!油と一緒にとると吸収量がアップします。

 

レタスのおいしい食べ方

レタスは、葉がみずみずしく、ハリのあるものを選びましょうキャベツ白菜は、持った時にずっしりと重いものを選びますが、レタスは葉の巻きがふんわりとしていて軽いものが新鮮です。

保存方法

水気を切って、ビニール袋に入れるか、ラップでくるんで冷蔵庫で保存しましょう。濡らしたキッチンペーパーを芯にあてるとみずみずしさが保てます。

おすすめレシピ

レタスとザーサイのスープ 
レタスのシャキシャキ感を楽しむには、さっと調理することがポイント。他の材料に火が通ってから、さっと煮る程度にして、あまり火を通しすぎず仕上げましょう。

■レタスしゃぶしゃぶ
サラダ以外にも、鍋の具材にすると、かさが減るのでたくさん食べることができます。レタスをさっと温かい鍋汁に通して、シャキシャキ感を楽しみましょう。

 

レタスはおかずやサンドイッチなどの脇役として活用されることが多いですが、効能を知るとメインディッシュとして食卓に並べたくなりませんか。生だけでなく、鍋やスープ、チャーハンなどの具材として加熱調理にも使える万能食材です。ぜひ、さまざまな料理にとり入れてみてくださいね。

ページトップ