あすけんダイエット成功者のダイアリー活用術

自分の記録のためにはじめたダイアリーが、 いつしか見られていることを意識してモチベーションに…!(Y.Eさん)

ダイエット中苦しいと思ったのはどんなときですか?どのように乗り越えましたか?

仮画像

今まで、食べたいときに食べたい量を食べていました。あすけんを始めて1日の適正量がわかり、今まで食べていた量は気持ちを満たすためだったと理解しました。食べたい衝動にかられたときのコントロール術は模索中ですが、レタスや寒天などできるだけカロリーの低い物を摂って暴食したい気持ちを満たすようにしています。 あすけんを始める前の食事と比較をすると今までの自分の食生活がいかに不健康だったかがわかりました。

 

ダイアリーにはどんなことを記録していますか?

体重(現在、開始日比、前日比)、消費カロリーなど運動記録、普通の日記を書いています。元々は自分用に、食事写真を記録するために使いはじめました。 今は日記を公開にして、「見られている」というプレッシャーを自分にかけてモチベーションにつなげています(笑)

 

ダイエットに成功したと思う出来事や要因はどんなことだと思いますか?

停滞期を経験している先輩のあす友さんから日記で励ましてもらえているのは心強いです。「1~2kgの体重増減はあたり前、努力は必ず報われる!」と言ってもらえたときはとても嬉しかったです。同年代で体格が似ていて、同じ状況のあす友さんの言葉は心の支えになります。

 

ダイアリーを始めて良かったと思えたのはどんなときですか?

お手本にしているあす友さんがダイアリーに書いたことを有言実行している姿を見て刺激を受けたことです。10kg以上痩せたあす友さんのビフォーアフター写真を見て刺激をもらい、本気でダイエットを始めました。身近な存在だからこそ影響を受けて、私もがんばろうと思えました。

 

採用2_1


 

お手本となるあす友さんのダイアリーを見ていつも刺激をもらっていると語るY.Eさん あす友さんのダイアリーだからこそ伝わるものがおおいにありそうですね(運営)

ページトップ