さっそく実践!夏までにすっきりBODYを手に入れよう!

いよいよダイエット開始!まずは食生活の見直しから始めよう♪

tokushu5_2_p3カラダの状態を把握できたら、いよいよダイエットスタートです。まずは現状の食生活を見直し、痩せやすいカラダを作る食事に切替えていきましょう。

ステップ1 現状の食生活を見直してみよう

□朝食は食べない
□パスタ、サンドイッチ、麺類、丼など炭水化物メニューに偏りがち
□ ご飯を少なめだが、お腹がすいて結局お菓子を食べてしまう
□ 甘いものは別腹・・・と毎回食後のデザートは欠かさない
□ 食べ終わるのが人より早い
□「痩せなきゃ」が口癖になっているわりにはダイエットを実行できない 

自分の食生活に思い当たるところはありますか?他にも「太る原因」は生活の中に隠されているはず。自分の食生活のパターンを書き出して見ましょう。

 

ステップ2  痩せる食べ方にチェンジ

朝食を食べ、夕食は控えめに
朝食を食べることで体温が上がり、基礎代謝がアップします。朝に食欲がない場合はフルーツやヨーグルト、野菜ジュースなどで軽くすませ、昼食はしっかり食べるようにしましょう。また、夜は活動量が少なく体脂肪になりやすいので、夕飯の炭水化物と脂質は控えめに。食後のデザートもやめておきましょう。

一汁三菜を目標に
単品より多種類のおかずを食べたほうが、バランスがとりやすくなります。ごはん・汁物・肉か魚の主菜・野菜や海草の副菜2品の「一汁三菜」が理想的。特に和食は酢の物・煮物・おひたしなど、野菜の副菜が充実しているのでおすすめです。

野菜、海草、こんにゃく、きのこ、豆類をたくさん食べる
ビタミン・ミネラル・食物繊維を多く含むこれらの食品はダイエット中に欠かせないもの。低エネルギーで、たくさん食べても太りにくく、空腹感を紛らわせるためにも ピッタリの食材です。意識して食べるようにしましょう。

ゆっくりよく噛んで食べる
ゆっくりよく噛んでいただくと、少量でもお腹がいっぱいに感じます。ゆっくり味わいながら会話をはずませ、食事時間を楽しみましょう。

 

ステップ3  調理法に気をつけて!油のカロリーにも注目してみよう

食事を選ぶときは、調理法にも注目してみましょう。同じ食材でも摂取カロリーが大きくかわってきます。

揚げ物
ダイエット中は避けたい揚げ物ですが、どうしても食べたいときはメニューを厳選しましょう。唐揚げ→天ぷら→フライの順にカロリーがアップします。なるべく衣の小さいものを選びましょう

炒め物

中華料理のお店では、肉や魚を一度揚げてから炒めている料理が多いのです。肉や魚より野菜が多く使われている料理を選びましょう。
●油が多いもの・・・酢豚、海老のチリソース、鶏肉とカシューナッツ炒め
●おすすめメニュー・・・五目野菜炒め、レバニラ炒め、チンジャオルースー、煮物、蒸し物など
比較的油が少なく、ダイエット中におすすめですが、味付けには注意しましょう。

カレー、デミグラスソース、ホワイトソースなどのルウは油が多く含まれています。また、サラダや蒸し物にかけるソースにも注目。ノンオイルドレッシングや、ぽん酢しょうゆ、塩+レモンなど油の少ないものを選びましょう。

ページトップ