集中力をキープ!脳と血糖値の深い関係

脳と血糖値には深い関係があるのをご存じでしょうか?仕事や勉強の妨げになるような食後の眠気や集中力の低下などは血糖値が原因かもしれません。血糖値が脳に与える影響と血糖値を安定させる方法をご紹介します。
pixta_12875730_S

血糖値が脳に与える影響とは

空腹時に糖質を多く含む食事をすると、血糖値が急上昇します。上昇した血糖値を下げるために、すい臓から大量のインスリンが分泌され、血糖値は急激に低下します。すると、脳に糖分がいかなくなり、眠気を感じるのです。

そこで、脳はブドウ糖が足りないと感知し、再び血糖値を上げるためにアドレナリンノルアドレナリンの分泌を指示します。(※1)その結果、イライラや集中力の低下が引き起こされます。集中力の維持には、食後の血糖値の上下をなだらかにすることが重要です。

血糖値を安定させる4つの方法

1.野菜から先に食べる(ベジファースト)

空腹時にいきなり白米など糖質が高いものを食べると、急激に血糖値が上がり、大量のインシュリンが分泌されてしまいます。しかし、野菜や汁物から食べることで、それらに多く含まれる食物繊維糖の消化吸収を遅らせ、血糖値の急激な上昇を抑えてくれます

2.主食を玄米・全粒粉パンなどに切り替える

普段の食事で、主食として食べている白米やパンを低GIの玄米・全粒粉パンにかえると、血糖値の乱高下を抑えることができます。
GIの低い玄米やそば、全粒粉パンは精製されていない部分に、食物繊維やミネラルが残っているため、糖の吸収も穏やかになり、血糖値の急上昇を防げます
栄養士が解説!GI とは

3.甘いお菓子を控える

甘いお菓子や甘い飲み物は、砂糖が多く使われているため、血糖値を急激に上げてしまいます。また、洋菓子などは油分が多く、カロリーも高いので、健康のためにも食べ過ぎはよくありません。食べる場合は低GIにものを選びましょう。
例えば、一般のチョコレート(GI:91)→ブラックチョコレート(GI:22)にかえると大幅にダウンできます。

4.3食規則正しく食べる

ポイントは空腹になりすぎないこと。食事と食事の間は4~5時間くらいがベストといわれています。その理由は、「空腹時間が長い=飢えている」とカラダが判断し、大量のエネルギーを吸収しようとしてしまうからです。これが急激な血糖値の上昇につながります。

次の食事まで時間が空きすぎてしまう場合は、間食をおすすめします。
アーモンド・ヨーグルト・甘栗・牛乳豆乳・野菜ジュースなどを食べれば、タンパク質カルシウムの不足しがちな栄養素も一緒に補うことができます。

 

午後の仕事のパフォーマンスや勉強も昼食次第と言っても過言ではありません。ぜひ、食後の血糖値を最適化して、高い集中力を発揮したいですね。
仕事の効率アップ!食後に眠くならないランチの選び方

 

【参考】
(※1)姫野友美 心療内科に行く前に食事を変えなさい 青春出版社(2016年p31)

ページトップ