注目の備蓄法!ローリングストックとストック缶詰を上手に使うコツ

南海トラフ巨大地震のような災害に備え、どんな食品を備蓄していますか?
3~5年保存できる非常食を蓄えるのも大切ですが、日常生活の延長でできるローリングストックをすると、備蓄がぐんとラクになります。このローリングストックの方法とメリットについて解説します。

ローリングストックってどんなこと?

家族の1週間分の食料にあたる缶詰・ゆで時間の短い麺類・フリーズドライのスープ・果物缶・乾物などをストックします。このストックのうち、消費期限が迫ってきたものから定期的に食べ、なくなった商品を買い足していくというサイクルを続けるのがローリングストックです。消費のタイミングは、月に1~2度。たとえば、第一日曜日は備蓄食の日と決めるのもおすすめです。(※1)
ちょい足しで栄養価アップ!備蓄しておきたい便利食材6つ

普段の生活が防災への備えに!ローリングストックのメリット3つ

  1. 定期的に消費するので、消費期限切れを防ぐことができる
  2. 普段食べているものだから、口に合わないということがない
  3. ローリングストック食品での食事作りが、災害時の食事づくりの予行演習になる

 

簡単!おすすめのストック缶詰3つと使いこなしテクニック

味がしっかりついたさば缶や焼き鳥缶は、さまざまな料理に使うことができます。さらに、ゆであずきや果物などのデザート缶を使ったアレンジも覚えておくと便利です。 災害時にも応用しやすい、缶詰アレンジのヒントは以下のとおりです。

1.さば缶

さば缶1缶と砂糖大さじ1~2を炒り煮にして酢飯にトッピングすれば、丹後地方のちらし寿司風に。大根・白菜切干し大根などと煮物にするのもおすすめです。
特に、切干し大根とさば缶の煮物は、ストック食材で作れるので災害時にも用意しやすいおかずです。 さば缶は味噌味・しょうゆ味どちらでもOK。汁ごと調理するのがポイントです。

2.焼き鳥缶

炊飯時に焼き鳥缶をプラスすると、炊き込みご飯を作ることができます。食パンに焼き鳥缶・チーズ・ピーマンなどをトッピングしたピザトーストも簡単で作りやすいメニューです。
また、トマト缶と一緒に煮込むと、パスタにもご飯にも合うおかずになります。

3.デザート缶

果物缶を消費するときは、シロップを捨てないようにしましょう。
シロップは、調理をするときの砂糖代わりに使えるからです。災害によって使える水の量が限られている場合、乾燥わかめや切干し大根などの戻し水として使うこともできます

また、ココナッツミルク缶やスキムミルクは牛乳の代用品となり、栄養バランスを整える助けになります。
デザート缶で温かいおやつを作るのもおすすめ。ゆであずき缶とココナッツミルク缶を鍋に移して温めると、カラダが温まるおしるこ風のおやつになります。濃いと感じたら、水に溶かしたスキムミルクで調整してみてくださいね。
栄養士が解説!ココナッツミルクの美容効果とダイエット効果

 

災害時には、どうしても野菜が不足がちになります。日持ちする野菜や野菜ジュースをストックしておくとさらに安心です。

 

【参考】
(※1)内閣府 できることから始めよう!防災対策 第3回
〈http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h25/73/bousaitaisaku.html〉〈http://www.bousai.go.jp/kohou/kouhoubousai/h25/73/news_03.html〉(最終閲覧日 2016/07/15)

ページトップ