腸内環境改善のカギ!日和見菌を味方につけて便秘解消

腸内の善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合は2:1:7。このうち一番多い日和見菌を善玉菌寄りの性質に持っていくことが便秘解消のカギになります。そこで、日和見菌を味方につけて腸内環境を整える方法をご紹介します。
腸内の善玉菌を増やして腸美人を目指していきましょう。

pixta_11732726_S

腸内に多い日和見菌とは

腸内には約100兆個もの細菌が住んでいて、そのうちの約70%は日和見菌が占めています。日和見菌は悪玉菌でも善玉菌でもない中立している菌で、どちらか多い方の菌を助けます。そのため、その時々の腸内環境によって、良い働きと悪い働きの両方をします。善玉菌を増やしていけば、日和見菌は善玉菌を助けて、腸内環境が整ってきます。

〈代表的な日和見菌〉

  • バクテロイデス:もっとも多い日和見菌
  • 大腸菌:無毒な日和見菌
  • 嫌気性連鎖球菌:腸内や口の中に多い日和見菌

日和見菌を増やす方法3つ

1.適度な運動

ウォーキングなどの全身運動は腸に刺激をあたえ、ぜん動運動を促します。また、リズミカルな運動は自律神経を整える効果があり、交感神経と副交感神経のバランスが良くなると、排便のリズムも整ってきます。
お腹まわりのストレッチやマッサージも、硬直した腸の運動を活性化させます。
知って得する!正しいウォーキングによるメリット6つ

2.食生活の見直し

脂質タンパク質の摂り過ぎはウェルシュ菌などの悪玉菌が増える原因になります。摂りすぎが気になる場合は、発酵食品に含まれる乳酸菌食物繊維など、腸がよろこぶ食材を積極的にとり、腸内環境を整えるようにしましょう。
乳酸菌は数日で体外へ排泄されるため、毎日継続的に摂るようにすると、腸が元気をとり戻していきます。食物繊維は老廃物をとりこんで、便のかさを増やし、排便を促してくれます。他に、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も腸内環境の改善に役立ちます。
腸内環境を整えるために!善玉菌を増やす食事

3.リラックスする

便意は自律神経のバランスに影響を受けています。交感神経が優位な状態が長く続くと、カラダは緊張し、便意を感じにくくなります。毎日決まった時間に排便のサイクルがくるように、おトイレタイムを決めて、気持ちにゆとりをもっておくことも、便秘改善に役立ちます。
あなたの便の健康度は?タイプを知って腸内環境改善へ

 

便秘解消には腸内環境を健康に保つことがカギです。内側からのアプローチとして、善玉菌を増やす食材を摂りいれ、外からのアプローチでは腸を刺激する運動をとりいれていきましょう。それに合わせて、便意のサインを見逃さないように、時間に余裕を持ってトイレタイムの時間の確保も忘れずに。内側と外側の両方の対策で便秘改善にとりくんでいきましょう。

 

ページトップ