ダイエット中の間食にもOK!栄養士おすすめの低カロリーアイス5選

これからやってくる暑い夏。疲れたカラダに冷たいアイスは何よりもうれしいご褒美です。しかし「アイスは甘いから太るのでは?」とカロリーを気にして、なかなか手が出せないということはありませんか?

選び方次第ではダイエット中でも、甘いアイスを心配せずに食べることができます。今回は、コンビニやスーパーで買うことのできるダイエット向け低カロリーアイス5つを、あすけん栄養士がご紹介していきます。

pixta_10654262_S

 ダイエット中におすすめの低カロリーアイス5選

1.グリコ カロリーコントロールアイス

ダイエット向けのアイスとして人気の、1食80kcalにコントロールされたアイスクリームです。カップアイスからモナカ、ソフトクリームなど味のバリエーションもさまざまで、選ぶのが楽しくなりそうです。
低カロリー・低糖質なだけではなく、食物繊維6g以上(成人女性の1日の目標量の1/3)、材料として豆腐が使用されているところもうれしいです。
栄養士が解説!太りにくいアイスの食べ方

2.グリコ アイスの実

旬に合わせて季節のフルーツが入れ替わります。果汁たっぷりで本格的なジェラートを食べているかのような気分になれるため、満足感も高いでしょう。
1袋12個入りで、100kcal前後という低カロリーなところもうれしいポイント。小さなボール型のアイスなので、一度に食べず、冷凍庫に入れて少しずつ楽しむのも良いですね。

3.赤城乳業 ガリガリ君

アイスキャンディーとしては日本で一番人気のあると言ってもよいくらい、誰でも知っている商品です。氷菓に分類され、タンパク質脂質は含まれていません。
味によってカロリーは異なりますが、多くても70kcal程度。クリーミーなものよりも、さっぱりとした味わいが好きな人向けのアイスです。

4.井村屋 あずきバー

和スイーツ好きにはたまらないあずき味のアイスキャンディーです。甘いのに大丈夫?と思うかもしれませんが、1パック112kcalと、カロリーは意外と控えめ。また、硬度の高いアイスなので、自然とゆっくりと食べることになり、満足感も得られるでしょう。

5.ロッテ ジェラートマルシェ

イタリアのジェラート協会の認定を受けている本格的なジェラートアイス。アイスクリームはカロリーが高くて食べられなくても、このジェラートなら1個120~150kcal程度と低カロリーに抑えながらも、バニラ・チョコ・抹茶などいろいろな風味を楽しむことができます。
ダイエッター必見!太りにくいチョコレートの食べ方

 

乳脂肪分が少ないものは、比較的低カロリーに抑えられています。一方で、氷菓でも練乳が入っているものやサイズの大きいものには注意しましょう。

ページトップ