今秋先どり!栄養士がおすすめするスーパーフード5選

美容や健康に対する意識の高い人たちの間で注目をあびている、スーパーフード。
スーパーフードとは、栄養バランスに優れている、もしくは、ある栄養や健康成分が突出して多く含まれている食品を指します。とはいえ、決して珍しい食品ばかりではありません。日常生活に身近なスーパーフードもあります。この秋のトレンドになりそうなスーパーフードをご紹介します。

pixta_17984969_S

秋注目!栄養士がおすすめするスーパーフード5選

1.ゴールデンベリー(ほおずき)

日本では夏の風物詩として知られる「ほおずき」。南米では栄養価の高い食べ物として食されています。
《スーパーなポイント!》
β-カロテン・鉄・食物繊維などを豊富に含んでいます。なかでもβ-カロテンは、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の健康を維持し、シミやしわなどの肌トラブルを改善します。
《ゴールデンベリーの楽しみ方》
生のままフルーツとして食べたり、ドライフルーツにしてヨーグルトやシリアルのトッピングに。また、お菓子の材料や、紅茶に浮かべてハーブティーにして飲むなど。

2.マキベリー

チリのパタゴニア地方で栽培されている果実で、見た目はブルーベリーに似ています。
《スーパーなポイント!》
ポリフェノールの含有量が多く、抗酸化作用が期待できます。ポリフェノールは生活習慣病の予防や血中の悪玉コレステロール(LDL)を制御する働き、ホルモンバランスを整える働きがあります。また、抗酸化作用によって肌の老化を防ぎ、アンチエイジングが期待できます。
《マキベリーの楽しみ方》
マキベリーは希少な果物のため、日本ではフルーツそのものは輸入されていません。健康食品やサプリメントとして入手できます。

3.カカオ

言わずと知れた、チョコレートココアの主原料です。
《スーパーなポイント!》
ポリフェノールの含有量が多く、抗酸化作用が強いため、美容効果の高い食べ物として注目を集めています。カラダの酸化を防ぐアンチエイジング効果、シミやしわを防ぐ美肌効果が期待できます。
《カカオの楽しみ方》
市販のチョコレートやココアにもカカオポリフェノールが含まれますが、多量の砂糖や油脂を混ぜて甘さとなめらかさを出しています。スーパーフードとしてカカオの効能を得るには、カカオ含有量の多い製品がおすすめです。

4.抹茶

日本で古くから親しまれている抹茶は、ニューヨークの健康志向の高い人々の間でも人気があります。
《スーパーなポイント!》
ポリフェノールの一種であるカテキンや、うまみ成分のテアニンが含まれており、アンチエイジングや美容効果が期待できます。カテキンには強い抗酸化作用があり、新陳代謝の促進や体脂肪の燃焼効果があります。また、テアニンリラックス効果や睡眠の質の改善に役立ちます。
《抹茶の楽しみ方》
飲料やお菓子の材料として。抹茶に含まれるカフェインはコーヒーの約1/2の量であるため、カフェインの摂取を控えている方にもおすすめです。

5.タイガーナッツ

北アフリカ原産で、スペインでは「チェファ」と呼ばれている「塊茎(地下茎の一部)」の野菜です。
《スーパーなポイント!》
食物繊維・ビタミン・ミネラルを豊富に含み、古くから健康増進に役立つとしてアフリカの人々の間で食べられていました。昨今では、健康志向の高いニューヨーカーに人気が出ています。
《タイガーナッツの楽しみ方》
タイガーナッツと水をミキサーで粉砕し、絞った植物性のミルクを牛乳代わりに。このミルクをお菓子の材料に利用するほか、残った絞りカスもお菓子の材料として、クッキーやチップスとして楽しめます。

 

スーパーフードはビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を豊富に含んでいます。それぞれの効能を吟味し、ご自身の好みと目的に合ったスーパーフードを探してみてください。

ページトップ