ダイエット失敗!その挫折を繰り返さないために

「ダイエットするぞ!」と意気込んだものの、どうしても続けられない……。そんな経験に悩んだことがある人は多いのではないでしょうか。ダイエットの失敗を繰り返さないために、ダイエットをする上で知っておくべき心得をご紹介します。

???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

人間にとって変化は脅威

実は、急激な変化を拒み、現状維持を好むという反応は、私たち人間が生き物である以上、当然の反応だといえます。生き物が環境変化などに対して、生理状態を一定にコントロールしようとする働きを「ホメオスタシス」といいます。私たちは、変化から身を守ることで存在していると考えられます。

カラダであれ、心であれ、いつもどおり維持してくれなくては変化の波に振り回されてしまいます。人間にとって、いつも通りは心地よく、変化は脅威なのです。
これと同じことが、ダイエットのプロセスにも言えます。
新しいダイエット法を身につけるという変化を脅威に感じるからこそ、3日坊主に終わったり、コツコツ続けられずに挫折してしまうと考えられます。

心理的にダイエットに挫折しないためには、脳が新しいダイエット法を「いつもどおりの習慣だ」と認識できるまで続けなければいけません。

ダイエットの習慣化には3ヶ月必要

脳が新しい取り組みを習慣と認識するまで、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?
実は、日課的な行動やカラダのリズム、思考のクセなど、変えたいと思う対象によって脳が習慣だと認識するまでの時間が異なります。

★1ヶ月で習慣化すること

日々の日課や行動の習慣(勉強・日記・片付け・節約など)
《1ヶ月で身に付く健康や美に効く習慣》
サプリメントをのむ、白米を玄米に変える、自然食品を食べる、毎日7時間寝る、お酒をやめる、マッサージを受ける、ストレッチをするなど。

★3ヶ月で習慣化すること

カラダのリズムに関わる習慣(ダイエット・運動・早起き・禁煙など)
《3ヶ月で身に付く健康や美に効く習慣》
栄養バランスをとる、野菜中心の食事に変える、筋トレをする、有酸素運動をするなど。
つまり、ダイエットなら少なくとも3ヶ月、ちょっとした行動習慣なら1ヶ月間は新しい習慣を続けることが大切です。

挫折しない!ダイエット成功への30日

新しい習慣を続けようとした場合、どのような心の揺れが起こるのでしょうか?挫折しないための対策とともにまとめてみました。

反発期 1~7日

症状………やめたくなる
挫折率……42%
ダイエット方針……とにかく続ける
《挫折対策》
① ベビーステップ(短い時間、物足りないくらいのハードル)で始める。
② シンプル(面倒くさくなく、最低限の項目)に記録する。
→なんとなくダイエットではなく、自然と無駄なカロリーを抑えられるように分析する。

不安定期 8日~21日

症状………振り回される
挫折率……40%
ダイエット方針……仕組みを作る
《挫折対策》
①パターン化する ②例外ルールを設ける ③継続スイッチをセットする

倦怠期  22日~30日

症状………飽きてくる
挫折率……18%
ダイエット方針……変化をつける
《挫折対策》
①変化をつける ②次の習慣の計画をする

挫折を未然に防ぐ方法

ダイエットで挫折する人は、実はすでにスタートの時点で間違っている場合が多いのです。みなさんは、こんな間違いをしていませんか?

複数のダイエット法を組み合わせる→1つのダイエットに絞りましょう

挫折するのは、欲張って2つ以上のダイエット法を同時に定着させようとするから。
例えば、食事制限と運動を同時に始めるなどは挫折の典型例です。

たくさんの行動ルールを作る→1つの行動に絞りこみましょう

複雑な行動ルールは挫折のもと。例えば、朝はウォーキング、週2回ジムに通う、スキマ時間にストレッチなど、複雑なものは挫折しやすくなります。情報を集め、プロに相談して1つの行動に絞りましょう。

必要以上に結果にコミットする→結果より行動に集中しましょう

結果にこだわりすぎると、行動リズムを崩して挫折します。
例えば、体重が減らないときに早く体重を落とそうとするあまり、極端なダイエットに走り、リバウンドしてしまいます。

 

いかがでしたか?起りうる問題を知っておくと、その時に応じた得策をとり入れることができます。心もしっかりコントロールして、ダイエットを成功させましょう。

ページトップ