夏バテにならない!コンビニ冷やし麺の選び方

うっとうしい梅雨が明けると、いよいよ暑い夏がやってきます!
暑い時はどうしても食欲が落ちるため、食べやすくてのど越しの良い麺類を選んでしまいがち。そうめんや冷やしうどんだけ、というような炭水化物だけの食事はタンパク質ミネラル、ビタミンが不足して夏バテになりやすくなります。

夏バテは睡眠不足や自律神経の乱れにより、全身のだるさや胃腸の不快感・食欲不振などの症状が現れますが、バランスの良い食事を心がけることで、症状を改善することができます
そこで、夏バテしないために意識したいコンビニ冷やし麺の選び方をご紹介します。
夏バテしないために!意識してとりたい栄養素と食事のポイント

pixta_11239530_S

夏バテしない麺類の選び方

ポイント1 うどん・そうめんより、そばを選ぶ

うどん・そば・そうめんのなかでは、疲労回復に効果的なビタミンB1を多く含むそばを選びましょう。

ポイント2 夏バテ予防効果があるトッピングを選ぶ

とろろ・オクラ

胃の粘膜を保護し、タンパク質の消化吸収を助けます。

ネギ・にんにく・玉ねぎ

硫化アリルが含まれていて、ビタミンB1の吸収を高めるはたらきがあります。

■青じそ

香り成分のペリルアルデヒドに抗菌作用、食欲を増進させる作用があります。

これらが入ったものを選んでいきましょう。
夏バテ予防ににとり入れたい食べ物

2016年夏!栄養士おすすめのコンビニ冷やし麺

【セブンイレブン】豊かな風味!冷しとろろ蕎麦

山芋のヌルヌル成分は「ムチン」と呼ばれ、胃の粘膜を保護し、タンパク質の消化吸収を高めます。また、抗ウイルス作用もあり、夏風邪予防にも効果的です。
暑さで胃腸が弱っている人や食欲がない人におすすめです。

【ファミリーマート】冷やしピリ辛肉そば

良質のタンパク質源である豚肉と卵を一緒に摂れるスタミナアップメニュー。
ねぎに含まれる硫化アリルは、豚肉に豊富なビタミンB1の吸収をサポートするので相性バッチリ。温泉卵は消化が良く、免疫力を上げるビタミンAや代謝を上げるビタミンB群も豊富です。疲れを感じるときにぜひ選んでみましょう。

【ローソン】たっぷりなめこのネバネバそば

高温多湿な夏は、一定の体温を保とうとカラダに負担がかかるため、胃腸の働きが弱くなったり、カラダがむくみやすくなったりします。
オクラやなめこのネバネバ成分である「ムチン」は、胃壁を保護して、消化吸収をサポートし胃炎を予防します。また、体内の水分バランスを整えむくみを予防するカリウムも豊富です。

※2016年6月30日現在に販売しているものになります。

バラエティ豊かな冷やし麺で、この夏も元気に過ごしましょう!

ページトップ