美肌は腸内環境から!食事で内側からキレイを作る方法

美肌になりたい!と思ったらまずスキンケアを考えますよね。しかし「美肌は腸から」と言うほど、腸内環境がお肌と密接な関係があります。

ヨーグルトきなこ

腸内環境と美肌の関係

体内に栄養を取り込む臓器である「腸」。どんなに肌に良いものを食べても、腸の状態が悪ければ栄養素がうまく吸収されないうえ、毒素を排出できなくなります。また、腸にはたくさんの細菌が棲んでいて、この腸内細菌は、人の分泌する消化液や消化酵素では消化できない栄養分を分解したり、体内では作ることが出来ないビタミンを合成したりと大切な存在です。

「栄養の吸収」と「栄養素の生成」を行う腸のコンディションは、美肌や体内の栄養状態に大きな影響力を持っています。そのため、腸内環境を整えることが、摂取した栄養の力を最大限に引き出すポイントです。

腸内細菌のバランスを整える

人間の腸の腸内細菌は、作用によって「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」3種類に分類されます。日和見菌というのは、善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さずどちらかの優勢な方のはたらきをします。大切なのはこのバランス。理想のバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7と言われています。悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが腸内環境を整えることになるのです。

美肌を作る!善玉菌を増やす食材

善玉菌を増やすためには、善玉菌の好む食べ物をたくさん食べて、悪玉菌の好む食べ物を控えることが効果的です。腸内細菌のエサとなるのは、私達の食べている食べ物です。中でも善玉菌を増やしてくれる乳酸菌オリゴ糖、腸のコンディションを整える食物繊維を積極的に摂ることが大切です。

乳酸菌・ビフィズス菌

乳酸菌・ビフィズス菌は、ヨーグルト発酵食品(キムチや漬物など)に多く含まれています。胃酸などで死滅してしまいすべてが腸まで届くわけではありません。ですが、最近では研究が進み「腸まで届く」といった乳酸菌・ビフィズス菌が増えています。腸まで生きて届いて、腸内細菌のバランスを整え、腸内の異常状態を改善し、健康に良い影響を与えてくれる生きた微生物のことを「プロバイオティクス」と呼びます。(※)

オリゴ糖

消化・吸収されることなく大腸まで届き、乳酸菌のエサとなって善玉菌を増やします。大豆玉ねぎにんにくねぎバナナなどに多く含まれています。

食物繊維

食物繊維は腸内を善玉菌の住みやすい環境に変えることが出来ます。また、腸を刺激したり、便の量を増やして、排便を促す作用もあります。
⇒栄養士が解説!水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の違い

栄養士のオススメ!美肌をつくる食事

野菜スープ

にんじん・玉ねぎ・ブロッコリーキャベツなど野菜を煮込むだけ。腸に大切な食物繊維だけでなく、スープにとけ出した美肌成分も無駄なくしっかり摂れます。食物繊維の豊富なごぼうさつまいも・大豆・ハト麦などを利用してもよいでしょう。

きなこヨーグルト

オリゴ糖ときなこに含まれる美容の味方「イソフラボン」を混ぜる理想的な食べ合わせです。朝食やおやつに利用してみてはいかかでしょうか。

その他、悪玉菌が増える原因となる高脂肪・高タンパク質の食事を摂りすぎないようにしたり、水分をしっかりとったり、朝食を抜かないようにすることも、腸内環境を整えるのには大切です。
お通じスッキリの他にも!朝ごはんがもたらす効果

 

美容は外から与えることも必要ですが、食事に意識を向けることも大切です。腸内細菌のバランスを整え、体の内側からきれいになって美肌を手にいれましょう!

 

【参考・参照】
(※)保健指導リソースガイド プロバイオティクスで腸内環境を整える 善玉菌を増やして腸を健康に
〈http://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2015/004434.php〉(最終閲覧日 2017/6/22)

ページトップ