ボジョレー解禁!ワインと相性抜群の太らないおつまみ3選

毎年11月第3木曜日はボジョレーヌーヴォー解禁日ですね。

ボジョレーヌーボーなどのワインはさまざまな料理と相性が良いので、ついついたくさん食べてしまいがち。ダイエット中なら食べるものを上手に選ぶことが大切です。そこでダイエット中でも安心して食べられる、ワインにぴったりの低カロリーなおつまみをご紹介します♪

ワイン

 

ワインと一緒に食べても安心!太らないおつまみ3選

1.低カロリーで腹持ち良し!きのこのグリル焼

ワインに合わせやすい「きのこ」。

きのこは低カロリーながら食物繊維がたっぷりと含まれているので満腹感が得られる優れもの!ダイエット中になりがちな便秘や肌トラブルも改善することができます。

さらに、しいたけや舞茸にはビタミンDが豊富。ビタミンDはカルシウム吸収を高めるので、女性に多い骨粗鬆症の予防にも効果的ですよ。

【作り方】
お好みのきのこを適当な大きさにカットし、オリーブ オイルを少し垂らして塩こしょうで味付け。アルミホイルでしっかり包み、グリルで5分程加熱すれば完成。数種類のきのこを使うと見た目も華やかに。風味をプラスしたい場合は、少量のニンニクを入れるとおいしく仕上がります。

 

2.トマトの酸味がワインの酸味とマッチ!トマトとバジルのサラダ

ヘルシー食材のトマトはダイエットに最適。トマトのリコピンは強い抗酸化作用があり、シミやシワのないお肌つくりをサポートしてくれます。またトマトのクエン酸は、アルコール分解を行う肝機能の働きを助けるため、ワインのおつまみにもってこいです。

【作り方】
一口大に切ったトマトとちぎったバジルをボールに入れ、オリーブオイルで和えたら塩こしょうで味付け。お好みでクレージーソルトを振ると更に風味が良くなります。

 

3.タンパク質がアルコールを分解!まぐろのカルパッチョ

まぐろは低脂肪なので、ダイエット中のおつまみに活用したいもの。

まぐろに含まれるDHA・EPAは血管内トラブルを防いだり、ビタミンE・ナイアシンはお肌の健康を保ったりしてくれるので、女性にうれしい一品ですよ。さらにまぐろのタンパク質は、質・量共に魚の中ではトップクラス!タンパク質アルコール分解に欠かせない栄養素であり、二日酔い予防にも効果的です。

【作り方】
玉ねぎのみじん切り・しょうゆ・レモン汁・オリーブオイルなどで作ったお好みのドレッシングをまぐろにかけ、葉物野菜を添えれば出来上がり。

 

ボジョレーヌーヴォーは、フレッシュで程良い酸味のある味わいが特徴。セットのおつまみは、薄めの味付けの肉や魚・野菜料理や和食などが良いでしょう。もしチーズを選ぶのであれば、比較的低カロリーなモッツァレラチーズやカッテージチーズを使った料理を選ぶと安心ですよ。

ページトップ