外食や飲み会でもカロリーコントロールするワザ

ダイエット中でも、お付き合いでレストランに行ったり飲み会に行ったりと、どうしても外食になってしまうことはあると思います。こんなときは食べるものを上手にコントロールすれば心配ありません。選ぶポイントを知って、カシコク外食を満喫しましょう。

CM091

 

外食での料理選びのポイント

外食はどうしても炭水化物と脂質が多く、ビタミン・ミネラルが不足気味になります。まず第一にできるだけ野菜を多く摂れるメニューを選びましょう。

 

1品料理を選ぶときのポイント

パスタやハンバーグ・カレーなどの単品料理を食べるときには、野菜サラダやスープをプラスしたり、材料に野菜を多く使っているメニューを選択しましょう。

例えば、中華料理の場合は、とんこつラーメンのような肉が多く野菜が少ないものよりも、五目そばや中華丼・野菜タンメンのような野菜の多いものを選ぶと、カロリーを抑えつつ栄養バランスも整います。⇒ダイエット中の中華料理の選び方はこちら

 

飲み会での料理選びのポイント

飲み会では、脂っこいものばかりではなく、あっさりした料理を選ぶこと。

から揚げやエビフライ・春巻きのようにカロリーの高いものは1~2品に厳選にして、酢の物・刺身・漬物・サラダなど低カロリーなものを選びましょう。どうしてもこってりしたお肉料理を食べたいなら、その分野菜をたくさん食べるようにすれば安心です。

そして忘れてはならないのがお酒。お酒の中ではビールや甘いカクテルは高カロリーなので飲み過ぎは禁物。お茶で割ったウーロンハイや焼酎などが安心です。
ダイエット中のお酒の飲み方はこちら

 

食事バランスは1食ではなく1日のトータルで考えるものなので、外食をしても前後の食事で調節すれば問題ありません。ただし外食が続く場合は、カロリー過剰&ビタミン・ミネラル不足になりやすいため、上手にメニューを選ぶことが太らないポイントですよ。自分の目でしっかり選んで、ストレスフリーのダイエットを心がけたいですね。

ページトップ