飲みすぎで胃もたれに!胃もたれの原因と対処法

年末年始は食べたり飲んだりの機会が多いですよね。会話が弾んでついつい食べ過ぎや飲み過ぎることでで、胃もたれや二日酔いの経験をするのもこの時期です。飲み過ぎで頻繁にこのような状態が続くと、体調を崩しかねないため注意が必要です。一度自分の食生活を見直してみましょう。

SW157

胃もたれする原因とは

  • ストレス
  • 不規則な生活リズム
  • タバコの吸いすぎ
  • 食生活の乱れ

これらの原因により胃に大きな負担をかけ、胃の運動機能を低下させてしまうのです。また、胃腸の細胞そのものが傷ついてしまうと胃液の分泌量も減ってしまうので、消化不全が起き、胃もたれの原因になります。

胃の粘膜を修復する作用をもつ栄養素と食材

まずは胃を休ませることが大切です。そして食欲が出てきたら出来る限り胃に負担をかけない消化に良いものを少量食べるようにしましょう。また水分を十分にとることも忘れないでくださいね。

良質なタンパク質

半熟卵・少し温めた牛乳・豆腐・きな粉や味噌などの大豆製品・脂肪分の少ない豚ヒレや鶏ささみ・白身魚など

消化の良い炭水化物

おかゆ・麺類・じゃがいも・さつまいもなど

食物繊維の少ない野菜

かぼちゃ・大根など、煮込むと柔らかくなる食材など

胃の粘膜を保護・修復する食品

ヨーグルト・チーズ・牛乳・キャベツなど

 

胃もたれ防止のために普段から気をつけておくこと

暴飲暴食を避け、腹八分目に抑えることを心がけましょう。そして食事をする時はよく噛んで、出来るだけゆっくり食べるようにしてください。

 

規則正しい食習慣をつけることが何よりも大切です。やはり日頃の食生活は大事ですね。

ページトップ