ついつい食べ過ぎちゃう人に朗報!食べ過ぎを抑える3つのコツ

おなかがいっぱいになるまで食べないと落ち着かない、どうしても食べ過ぎてしまう…そんな相談を受けることは多くあります。食べたい気持ちを抑えるのはストレスがたまるし、辛いですよね。
でも慢性的に食べすぎの状態が続くと体重が増えたり胃にも負担がかかります。ストレスにならない程度に明日からでもできる少しの工夫をしてみましょう。
食べる人

食べ過ぎを抑えるコツ3つ

1.低カロリーのものを食べて、空腹感を満たしておく

野菜や海藻類・スープなど低カロリーでかさの多い料理を先に食べると、空腹感が緩和され、食べ過ぎ防止に。具だくさんのスープや味噌汁などでもいいですよ。

2.かむ回数を意識的に増やす

食事の食べ始めは空腹感が強いため、かむ回数が少なくどんどん食べてしまいがち。お腹が減っているときこそ、噛む回数を意識的に増やしましょう。そうすることで、満腹中枢の時間差が解消され、少ない食事でも満足感を得ることができます。ご飯を玄米や雑穀米にすることで、噛みごたえが増すのでおすすめです。

3.空腹になりすぎない

おなかが空きすぎると、どうしても食べすぎにつながります。そんなときは間食を上手にとりましょう。小腹が空いたときには、お菓子よりも果物ヨーグルトがおすすめです。ドライフルーツも手軽で食物繊維が豊富なので利用してみてくださいね。帰宅時間が遅く、食事が遅くなる場合は、途中でおにぎりなどを食べておいて、家では軽く済ませるなど工夫してみてください。
⇒栄養士が解説!夕食が遅くなる時の対処法
この中のひとつでも実践してみて、それでも食べ過ぎてしまったら「また明日気をつけよう」と気を楽にすることです。我慢しすぎてストレスをためてしまうと逆効果ですよ。長く続けて習慣にすることが成功の秘訣です。
⇒食べ過ぎてしまったときの罪悪感のリセット方法

ページトップ