栄養士伝授!血糖コントロールにおすすめの食事テクニック

血糖とは血液中のブドウ糖のことで、生きていくためのエネルギー源になります。しかし、この血液中の血糖が多すぎる状態(高血糖)だと私たちのカラダにさまざまな悪影響を及ぼします。
pixta_10992483_S

高血糖でみられる症状

・生活習慣病の引き金になる
・血圧が上がる
・体重が増えやすくなる
・血液がドロドロになる
⇒ドロドロ血液をサラサラに!効果的な4つの食材
高血糖を改善するには適度な運動と毎日の食事の中で、主食(ご飯など)、主菜(タンパク質の多いおかず・魚・肉・大豆など)、副菜(野菜料理)のバランスのとれた食事をとる事がポイントになります。

血糖コントロールにおすすめの食事テクニック

食物繊維の多い食材を選ぶ

血糖値を下げる効果のあるものは食物繊維です。野菜や海藻・大豆などの豆類などに多く含まれます。これらは胃の中に留まる時間が肉より長く、消化吸収を終えるまで時間がかかるので食後の急激な血糖値上昇を防ぎます。さらに噛む回数が自然と増え、少量の食事で満腹感を得やすくなります。

カロリーと塩分を控えた料理を選ぶ

料理の上に醤油や塩をかけるのではなく、小皿にとって、それに料理を少しずつつけて食べるようにすると調味料の量を減らすことができます。揚げ物はなるべく控えて、蒸す・煮るなどの調理法で余分な脂分を落とし、カロリーカットができる方法を選びましょう。
むくみを予防!減塩生活に必要な5つのポイント

アルコールや外食には注意する

アルコールや外食はなるべく控えることも大切です。どちらもカロリーが高く、アルコールは食欲を増進してしまいます。外食では脂っこいものより定食など、野菜が不足しないようなメニューを選ぶようにしましょう。
栄養士が教える!外食や飲み会でカロリーコントロールするワザ

これらの点に注意して適度な運動と1日3食を規則正しく、バランスよくとる事が大切ですね。

ページトップ