今年はかかりたくない!インフルエンザ予防の4ステップ

冬に流行する「インフルエンザ」。インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで発病し、高熱や倦怠感・関節痛などを起こします。普通の風邪とは違うので、子供や高齢者はもちろん、健康な成人も十分に注意が必要です。

pixta_11993126_S

 

インフルエンザにかかりにくくするには、まず体調を整えて抵抗力をつけておくこと。
ウイルスに負けないカラダ作りとウイルスを体内に入れないための自己管理が大切ですので、普段から下記のことに意識してみてくださいね。

インフルエンザの予防法

1.免疫力がつく食材と睡眠をしっかりとること

ビタミン・ミネラルたっぷりの食事と睡眠をしっかりとることで、抵抗力と免疫力を高め、感染しにくいカラダを作りましょう。
~免疫力のつく食材~
●緑黄色野菜(かぼちゃ・ブロッコリー・人参など)
●淡色野菜(にんにく・生姜・玉ねぎ・大根・きゃべつなど)
●きのこ類や大豆製品(豆腐・納豆など)
●海藻類(わかめ・もずく・ひじきなど)
●肉類(牛肉・豚肉・鶏肉)や魚の赤身など
免疫力を高める食材をもっと詳しく 

2.適度な温度、湿度を保つこと

空気が乾燥しているとウイルス感染しやすいため、水分補給でのどをうるおしつつ、加湿器などで室内環境を保ちましょう。(湿度は50~60%が適切といわれます)

3.手洗い/うがいをすること

外にはウイルスがたくさんいます。基本ですが、家に帰ったらすぐに手洗いとうがいでウイルスを洗い流しましょう。うがいはのどの乾燥も防ぎます。

4.ワクチンでの予防接種をする

ワクチンを接種することで、インフルエンザの予防になります。

冬は外気だけでなくカラダも乾燥しやすいため、ウイルスの攻撃を受けやすくなります。もしインフルエンザの疑いがある場合は、自己判断せずにお医者さんに行きましょう。

ページトップ